潔癖主義が生産性を低下させる

とにかく規制する国

組織学が専門の同志社大学政策学部教授の太田肇氏は行き過ぎた「潔癖主義」が及ぼす悪影響について述べています。
 
『重箱の隅をつつくような管理は、欧米では「マイクロマネジメント」と呼ばれ、しばしば非効率、非人間的な経営の代名詞となる。』
 
『わが国では昨今、何かにつけ寛容さを失い、潔癖を求める風潮が広がっている。』
 
『問題は、高い基準とコストとの兼ね合いである。製品の納期にしても日本企業は厳しいことで知られているが、製品によっては80点の水準ですむところを95点まで引き上げるとコストが2倍かかるという。当然、それは国際競争においてハンディとなる。』
 
『大企業で品質検査の手抜きやデータの改ざんといった不祥事があいついでいるが、背景には必要以上に厳しい検査基準があるとささやかれている。基準が現実の必要性からかけ離れていると現場で受け止められた場合、遵法意識そのものが薄れてしまう。』
 
『もちろん製品によっては高い品質が求められるし、生命や健康に関わる場合には完璧な管理が求められる。しかし、いくら「完璧」を目指しても人間のすることには限界がある。』
 
『重箱の隅をつつくような管理を行い、厳罰主義を貫いていると、表面上の不祥事は減るかもしれないが、徐々に職員は萎縮し、最低限の仕事しかしなくなる。』
 
『大切なのは、厳しい基準を追い求めることと、それがもたらす弊害とをつねに比較考量し、バランスをとることである。少なくとも、行きすぎた潔癖主義に異論を唱えることを許さないような風潮は改めなければならない。』
 
氏の考えは社会の様々な場面で表面化しており、「とりあえず自粛」と言った風潮もエスカレートしています。 
 
私たち自身がこうした発想に歯止めをかけて行かないと、今後も行政から様々な規制をかけられます。どうやったらより安全で市場経済にも良い影響を保ち、利用者が満足できるかと言う建設的な話はでずに、「とりあえず禁止」「とりあえず異様に高いハードル」を作られてしまうでしょう。

行き過ぎた日本的な「潔癖主義」は生産性を低下させるとの声(Newsポストセブン)

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 2017/3/13

    46歳 美容業
    今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業&nbs…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  2. 本日のアートメイクの法整備を求める街頭署名活動は無事終了しました。雨が降ってきたので、予定よ…
  3. 本日、大阪中ふ頭駅前での街頭署名活動  決行致します。13時〜17時まで  です。…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP