ハワイのアートメイクライセンス制度

アメリカ、ハワイ州のタトゥー・アートメイクのライセンスは健康省(日本でいう厚労省のような所)の管轄となっています。その部署の健康管理官である医師と知事が発表した法令によれば、

1. 指定したタトゥー産業むけに開発された血液由来病原体オンラインコースを受ける。
このコースを開催しているのは民間業者です。健康省管理官である医師は、コース内容を検討し、「ここのこのコースを受講すれば医療従事者以外の人でも感染症を防ぐ知識が充分身に着く」「医療従事者以外のアートメイク、タトゥー、ピアスの感染症に関する安全は担保できる」と判断したのでしょう。
2.コースに合格したら「タトゥーアーティスト免許申請用紙」を記入し、そのコピーも準備する。
3.「血液由来病原菌認定のコピー」「記入済みタトゥーアーティスト免許申請用紙」「手数料75ドル(支払先はハワイ州)」「結核・梅毒報告用紙」を揃えて健康省に出向くか郵送する。省ではB型肝炎のワクチンを強く勧めています。

ハワイ健康省のサイトには、タトゥーショップやアーティストが守るべき規則やルールなどは分かりやすいリストがあり、衛生関連や道具類、施設環境についての記載もあります。(http://health.hawaii.gov/san/files/2013/05/11-17.pdf)

ハワイでのやり方を日本でも作る事は可能ではないでしょうか?コースの外注に懸念があるのであれば、それ専門の機関か団体を設立し厚労省が監督できる形にする、内容は医師の意見を取り入れる事が出来ると思います。タトゥーやアートメイク、ピアスアーティストだけでなく、広く一般の方々も受講できるようにすれば、国民の血液由来病原体感染症やその予防に関する知識向上が図れます。日常生活だけでなく、海外旅行に行く時、災害時など衛生環境が悪化する恐れのある場面・避難所などで集団生活を余儀なくされる場面、テロ攻撃を受けてけが人が多数でた時など、そこで得た知識はとても役に立つと思います。感染症の広がりを国民一人一人の知識で防ぐ事が可能となります。

ハワイのタトゥー・アートメイクライセンス取得手順(英語、PDF)

ハワイのアートメイクライセンス取得手順1

ハワイのライセンス制度はとても合理的。

ハワイのタトゥー・アートメイクライセンス取得手順2

タトゥー産業むけに開発された血液由来病原体オンラインコースを受講して合格しなければなりません。

ハワイのタトゥー・アートメイクライセンス取得手順3

コースに合格したら所定の書類を用意して健康省に提出します。

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 2017/3/13

    46歳 美容業
    今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業&nbs…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  2. 本日のアートメイクの法整備を求める街頭署名活動は無事終了しました。雨が降ってきたので、予定よ…
  3. 本日、大阪中ふ頭駅前での街頭署名活動  決行致します。13時〜17時まで  です。…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP