不自由さ

今まで、日本では選挙を含む様々な場面で「規制緩和」が話されてきました。でも緩和はいっこうにすすみません。このリンクを貼った記事では、行政だけでなく、司法の態度にも触れています。「司法」は「行政」に遠慮しすぎていないかとの意見です。

日本の「規制緩和」が遅々として進まない事情、東洋オンライン、経済ジャーナリスト岩崎 博充氏

司法に限らず日本では「忖度」「配慮」が満ち溢れ、なぜか緩和とは逆の方向に向かっているように思えます。

実際、日本は住みにくくなってきてはいなでしょうか?公園に行けばたくさんの禁止事項があります。餅つき禁止っていうのもありましたね。

企業や自治体による自主規制の風潮もどんどん強まっていませんか?

私たちもこうした風潮に影響をうけ、迷惑かも知れないから、嫌がられるかも知れないからと先回りして考え、行動を制限しがちになったような気がするのです。

相手を自分ルールで縛ったり、自分で自分を縛ったりしてどんどん自由が奪われていはいないでしょうか。

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 2017/3/13

    46歳 美容業
    今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業&nbs…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  2. 本日のアートメイクの法整備を求める街頭署名活動は無事終了しました。雨が降ってきたので、予定よ…
  3. 本日、大阪中ふ頭駅前での街頭署名活動  決行致します。13時〜17時まで  です。…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP