極端な規制でかえって危険に

極端な規制が返って安全を削ぐ

極端な通達により起こっている事の中に、「外国から外国人の技術者を呼んでアートメイクをしてもらう」があります。
 
外国籍の方が正式に就労を認められたビザを持たないで働いて収入を得ることは違反です。
 
また、日本国内でアートメイクやタトゥー、ピアスを行う人は日本の医師免許がなければなりません。
 
アートメイクに医師免許としたことで、海外に受けに行く、海外から呼んでくるなど、日本の利益にならない事が行われています。これらの行為では、所得税 が日本に入りません。
 
「アートメイクに医師免許」が日本にマイナス効果を与えています。

極端な規制でかえって危険に

海外から就労ビザを持たない人を働かせるのは違法です

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 2017/3/13

    46歳 美容業
    今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業&nbs…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  2. 本日のアートメイクの法整備を求める街頭署名活動は無事終了しました。雨が降ってきたので、予定よ…
  3. 本日、大阪中ふ頭駅前での街頭署名活動  決行致します。13時〜17時まで  です。…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP