一般社団法人日本アートメイク推進協会

花粉症とアートメイク

花粉症の季節です。この時期、目の周りに症状が出てる方は、マツエクやアイラインのアートメイクは控えましょう。

花粉症の症状でアイラインが引けなくなる方は、症状が出る前にアイラインアートの施術を終わらせておく方が良いのです。症状が出ている間は受けられません。2月までには終わっている方が安心ですね。
  
花粉の時期は花粉症でない方でも、肌コンディションが乱れたり、肌荒れをおこしやすくなります。かゆみや乾燥、かぶれやすい、化粧のりが悪くなるなどの症状が見られます。
  
こんな時はやはり肌に直接触れる美容関連のメニューを受ける時も注意が必要です。いつもは大丈夫だった事で肌トラブルを起こしてしまいやすいのです。 
  
刺激が強いと思われるものは花粉の季節が終わってからにするとか、パッチテストを受けるなどしてみて下さい。
  
また、いつものスキンケアが合わない時はワセリンなど刺激が弱いものに変える、ひどいようなら皮膚科に行きましょう。

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 2017/3/13

    46歳 美容業
    今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業&nbs…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  2. 本日のアートメイクの法整備を求める街頭署名活動は無事終了しました。雨が降ってきたので、予定よ…
  3. 本日、大阪中ふ頭駅前での街頭署名活動  決行致します。13時〜17時まで  です。…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP