SPCP秋のカンファレンス

アメリカにある世界最大のアートメイク団体SPCPによる秋のカンファレンスがテネシー州メンフィスで10月7日8日に開催されています。この団体によるカンファレンスは年に数回行われています。

今回の内容はざっくり言うと
・団体の厳しい検定で合格したアーティストだけが名乗れるCPCPによるアートメイクトレーナー講座
・血液を媒介する病原体セミナーと試験
・マイクロブレーディングとマシン使用テクニックのワークショップ
・アートメイク修正法講座
・医療アートメイク手順セミナー
・マーケティング秘訣
・医師による、毛髪の喪失に関する理解とサポート方法の説明
・アートメイク業界関連質疑応答
・SPCPメンバーのメリットや新しい進歩に関するフォーラム

この団体には日本でも多数の技術者が加入しており、このようなカンファレンスに積極的に参加してきました。日本にももちろん支部があり、最新のアートメイク情報が満載の会報を日本語訳で受け取れたほか、通訳付きでのカンファレンス参加も可能でした。

CPCP検定は日本でも開催され、日本人アーティストの合格率は結構高く、団体からの評価も高かったのです。

カンファレンスの動画では、多数の参加者がいる事が見て取れると思います。実際世界中から参加があります。

このような大会は経済効果も高く、開催地のホテルや飲食店も利用される利点があります。また、せっかくだからと前後の宿泊をのばして観光することもあるでしょう。訪れた先の写真をSNSで、各国から来た技術者が投稿すれは、多言語で開催地の観光の宣伝が自動的に行われます。

集まる人達はアートメイク技術者であり美容関係者ですから華やかです。おしゃれな感じで開催地のイメージアップにも貢献できます。

また、医師によるコーナーがあることで、アメリカでは一般アートメイク技術者と医師が協力しあって、消費者によりよいアートメイクを提供しようと言う動きが普通に行われている事が理解できると思います。

感染症に関する内容は、開催地や団体がアメリカのものなので、日本の医療関係でも利用されている「アメリカ疾病管理予防センター」「労働安全衛生管理局」のガイドラインを基準としています。また肝炎などのワクチン接種に関しては「アメリカ公衆衛生局」のガイドラインです。

SPCP秋のカンファレンス、テネシー州メンフィス。過去のカンファレンスでの様子の動画もあり、この催しの規模の大きさがよく分かります。

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 2017/3/13

    46歳 美容業
    今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業&nbs…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  2. 本日のアートメイクの法整備を求める街頭署名活動は無事終了しました。雨が降ってきたので、予定よ…
  3. 本日、大阪中ふ頭駅前での街頭署名活動  決行致します。13時〜17時まで  です。…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP