アートメイクは美容整形の範疇と言う「判例はない」

アートメイクは美容整形の範疇と言う「判例はない」

以前のタトゥー裁判における判決文のなかに「アートメイクは美容整形の概念に包括し得る」「美容整形の範疇としての医行為と言う判断が可能」と言うのは「判例」ではありません。「傍論」とよばれるもので法的拘束力も法的意味もありません。法学者の高山先生に確認済です。

ピックアップ記事

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
PAGE TOP