アートメイクはタトゥー・刺青よりもリスクの少ない染色術

アートメイクはタトゥー・刺青よりもリスクの少ない染色術

なぜ、刺青は彫師でOKで、よりリスクの低いアートメイクやマイクロブレーディングは美容整形や美容医療に準じ、医療機関で医師や看護師だけしかできないのか?そして「染色術」は「医療行為」「治療」ですか?

ピックアップ記事

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
PAGE TOP