わざわざ政令を変えてまで対応するほど看護師が足りていない

わざわざ政令を変えてまで対応するほど看護師が足りていない

「新型コロナウイルスの影響で介護施設や障害者施設などで働く看護師へのニーズが高まる中、厚生労働省は、法律で原則禁止されている看護師の日雇い派遣について政令を改正し、4月以降認める方向で検討を進めています。」
柔軟な働き方が必要なのはわかります。でもわざわざ政令を変えてまで対応するほど看護師が足りていないのです。
このような状態であっても貴重な医療人材をアートメイクに使っている場合なのでしょうか?
他の国でライセンス制なのはそれでも安全を確保できるシステムがあるからです。本来厚労省がやるべきシステム作りをせずに、医師法にあてはめて医療行為としてしまうのは怠慢です。
多くの需要があり、経済効果も認められ雇用も促進するアートメイクを医療に限定することで日本が失っていることは非常に大きい。

ピックアップ記事

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
PAGE TOP