アートメイクとMRI

アートメイクしててMRIは大丈夫?

BCSENEと言うアメリカテキサス州の雑誌の医療コラムに 医師デイビッド・ディアポロ博士は 専門家としての見解を寄稿しています。
 
『MRI検査を解釈する医師として、私はしばしばMRIで入れ墨やパーマネントコスメテックの患者をスキャンすることの安全性について尋ねられます。 パーマネントコスメテックはマイクロピグメントやパーマネントメイクアップとも呼ばれ、パーマネントアイライナー、パーマネントリップライナー、フルリップ、眉毛タトゥーを含みます。 (訳者注:パーマネントコスメテックは日本ではアートメイクと呼ばれているものです。以下アートメイクと訳します。)
  
古いタトゥー手技では一般に金属顔料が使用されていました。 現在では、アートメイクに植物性染料 またはプラスチック染料を使用するのが一般的です。 赤色または黒色の色素は 酸化鉄を含んでいます。 この小さな金属粒子が、アートメイク済みの人がMRIを受けた場合の、稀な不快な皮膚反応の原因であったかどうかは議論のポイントです。
 
2002年のある研究では、135名のアートメイク済みの人がMRIを受けていました。 133人は不快反応を報告しませんでした。 この処置に関連したわずかな2つの報告された軽度の一時的な感覚:1人にわずかなうずきがあり、 もう一つは灼熱感を経験した。 両方の症例において、症状は短時間で完全に解決されました。 現在エビデンスは、アートメイクは、MRIに対する禁忌ではないことを示唆しています。 つまり、必要なMRIを受けることをアートメイクを理由に拒否するべきではありません。 アートメイクを受けたほとんどの人は、異変や不愉快な感覚をMRIで経験しません。 』
 
一部省略しましたが、全文を読みたい方は以下のリンクから。Google翻訳でもかなり分かりやすく訳されます。

アートメイクとMRI(英語)

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP