アートメイクとタトゥーは区別できない

アートメイクとタトゥーを明確に線引きはできない

『検察側は今回の公判で、美容整形手術やアートメークは同法の規制対象なのに、タトゥーが対象外になれば不合理だと主張してきた。これについて2審は「患者の身体の改善、矯正を目的とした広義の医療」などとしてタトゥーと線引きしたが、最高裁の決定では言及されなかった。』

そもそも目的が「メイクを落ちにくくする」が主なので、「患者の身体の改善、矯正を目的とした広義の医療」とすること自体ピント外れ。この解釈では何でも医療になる。

そしてタトゥーとアートメイクの境目が明確に付けられないからこそ海外のライセンス制の多くは同じ資格として扱っている。受ける人がタトゥーと思っているかアートメイクと思っているかなど内心は外から見えるものではなく、それを根拠に医療かそうでないかなど証明して分けることはできない。

また、タトゥーの方が皮膚に深く入るが、落ちにくいメイクとして入れた眉やアイライン、リップがタトゥーの深さかアートメイクの深さをどうやって判断するのか。そもそもタトゥーとアートメイクの深さの違いすら明確に線引きはできないもの。

多少色素の違いはあるものの、アートメイク色素をタトゥーに使ったり、タトゥー色素をアートメイクに使う事は可能で、施術されたものを見てタトゥー色素かアートメイク色素かなど判断できない。

『検察側は今回の公判で、美容整形手術やアートメークは同法の規制対象なのに、タトゥーが対象外になれば不合理だと主張してきた。これについて2審は「患者の身体の改善、矯正を目的とした広義の医療」などとしてタトゥーと線引きしたが、最高裁の決定では言及されなかった。』
そもそも目的が「メイクを落ちにくくする」が主なので、「患者の身体の改善、矯正を目的とした広義の医療」とすること自体ピント外れ。この解釈では何でもなる。
そしてタトゥーとアートメイクの境目が明確に付けられないからこそ海外のライセンス制の多くは同じ資格として扱っている。受ける人がタトゥーと思っているかアートメイクと思っているかなど内心は外から見えるものではなく、それを根拠に医療かそうでないかなど証明して分けることはできない。
また、タトゥーの方が皮膚に深く入るが、落ちにくいメイクとして入れた眉やアイライン、リップがタトゥーの深さかアートメイクの深さをどうやって判断するのか。そもそもタトゥーとアートメイクの深さの違いすら明確に線引きはできないもの。
多少色素の違いはあるものの、アートメイク色素をタトゥーに使ったり、タトゥー色素をアートメイクに使う事は可能で、施術されたものを見てタトゥー色素かアートメイク色素かなど判断できない。

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP