アートメイクに職業選択の自由を

アートメイクに職業選択の自由を!

*日本国憲法(昭和21年憲法)第22条第1項においては、「何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択
の自由を有する。」と規定されており、これは、職業選択の自由を保障しているものである。
*この「職業選択の自由」は、自己の従事する職業を決定する自由を意味しており、これには、自己の選択した職業を遂行
する自由、すなわち「営業の自由」も含まれるものと考えられている。
.
○ 職業選択の自由は、経済的自由権の一つであり、「公共の福祉に反しない限り」とあるとおり、
① 主として国民の生命及び健康に対する危険を防止もしくは除去ないし緩和する目的 (消極目的)
2.「公共の福祉」との関係
又は
② 福祉国家の理念に基づいて、経済の調和のとれた発展を確保し、特に社会的・経済的弱者を保護する目的(積極目的)
から、規制を受ける人権と考えられている。
○ これらのうち、消極目的規制については、立法事実に基づき、
① 規制の必要性・合理性が認められること
② より緩やかな規制手段では同じ目的が達成できないこと
を基準として規制の合憲性が判断されるものと考えられている。(厳格な合理性の基準)
※ 立法事実とは、立法目的及び立法目的を達成する手段の合理性を裏づける社会的・経済的・文化的な一般事実のこと。
○ 他方、積極目的規制については、立法府の広い裁量を認め、規制措置が著しく不合理であることの明白である場合に限って違憲と判断されるものと考えられている。(明白の原則)
.
ライセンス制や登録制など「より緩やかな規制手段」で「国民の生命及び健康に対する危険を防止もしくは除去ないし緩和する」ことができる。
.
医学部や看護学校でアートメイクを習得するカリキュラムはなく、「規制措置が著しく不合理であることが明白である」。また、日本以外では医師法でくくらずに完全確保して行われているため、「規制措置が著しく不合理であることが明白である」とも言える。
.
アートメイクを「医療」と見なすことで国内で広く一般に職業と認めないため、「経済の調和のとれた発展を確保」が阻害されている。また、海外に受けに行く人が急増し国富が流出している。それによって国や自治体の税収も減少した。
.
女性やシングルマザーが自立して生活するために役立つ資格が、医師やクリニックなどに独占され、「社会的・経済的弱者を保護する目的」から真逆の規制となっている。実際1万人以上の女性がこれにより生活の糧を奪われた。
.
タトゥーに職業選択の自由が認められるなら、類似技術のアートメイクで認めないのは「規制措置が著しく不合理であることが明白である」。
.
看護師や准看護師にもクリニックから独立してアートメイクを営業する自由は認められるべき。そして歯科医も「口周辺、リップのみ」ではなく、全ての部位のアートメイクが認められるべきなのです。

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP