アートメイクを受ける目的は利便性

アートメイクは利便性を目的に受ける

眉やアイライン、リップのアートメイクを受けるのは「メイクが面倒」「汗で落ちる」「アイラインがにじむ」「近眼・老眼でメイクしずらい」「時短したい」「メイクが苦手だからうまくできない」「飲食するたびにリップが落ちる」そんな理由で受ける方が大半です。

「落ちにくい」にフォーカスされた利便性を目的としています。

美容医療とされる「消極的な意義において患者の身体上の改善、矯正を目的とし医師が患者に対して医学的な専門知識に基づいて判断を下し、技術を施すもの」に当てはまらない。

それに「医学的な専門知識が必要でない」から日本以外では医療に限定していない。

海外ではライセンス発行にあたり医師が感染症などのコースをアートメイクやタトゥー、ピアスの技術者に開催している。アートメイクに医学的知識が本当に必要なら医師が医師でない者にそのようなコースは受けさせないはず。

医療に限定することで消費者が「どこで受けるか」と言う選択権を奪われています。またリーズナブルな値段で受けたいと言う当然の気持ちも無視されています。

医療でアートメイクを行う事は歓迎ですし医療で受けたい層はいます。問題はそこに限定している事です。

眉やアイライン、リップのアートメイクを受けるのは「メイクが面倒」「汗で落ちる」「アイラインがにじむ」「近眼・老眼でメイクしずらい」「時短したい」「メイクが苦手だからうまくできない」「飲食するたびにリップが落ちる」そんな理由で受ける方が大半です。
「落ちにくい」にフォーカスされた利便性を目的としています。
美容医療とされる「消極的な意義において患者の身体上の改善、矯正を目的とし医師が患者に対して医学的な専門知識に基づいて判断を下し、技術を施すもの」に当てはまらない。
それに「医学的な専門知識が必要でない」から日本以外では医療に限定していない。
海外ではライセンス発行にあたり医師が感染症などのコースをアートメイクやタトゥー、ピアスの技術者に開催している。アートメイクに医学的知識が本当に必要なら医師が医師でない者にそのようなコースは受けさせないはず。
医療に限定することで消費者が「どこで受けるか」と言う選択権を奪われています。またリーズナブルな値段で受けたいと言う
当然の気持ちも無視されています。
医療でアートメイクを行う事は歓迎ですし医療で受けたい層はいます。問題はそこに限定している事です。

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP