アートメイクは刺青、タトゥー

アートメイクは刺青

アートメイク が 刺青、タトゥー であり、言葉の言いかえだけであることは日本でもよく知られています。

言葉を言い換えた理由として、刺青に良くないイメージを持つ人がいる事、また一生薄くならないと勘違いしたり、黒くべったりいわゆる「イモト眉」をイメージしてしまう人がいる懸念があげられます。英語でも「眉 や アイライン のタトゥー」と呼びますが、「パーマネントメイクアップ」とも呼びます。「パーマネント」だとやはり一生モノのイメージがあるため、「セミパーマネントメイクアップ」と説明する場合もあります。

どちらにしても、「アートメイクは薄くなっていくように入れたタトゥー、入れ墨」の認識は日本でも世界でも常識であり、「タトゥーでメイク」の認識です。

ピックアップ記事

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
PAGE TOP