アートメイクは医療行為?

「針を使って皮膚に色素を入れる行為には医師免許が必要」と言うのが厚生労働省の考えです。医師または医師の元で看護士が行う行為は一般に医療行為です。
では医療行為とはなんでしょう。

医療行為(いりょうこうい)とは、人の傷病の治療・診断又は予防のために、医学に基づいて行われる行為である。(wikiペディアより、最終更新 2016年8月17日 (水) 07:57)

医師が行う行為が医療行為とみなされるためには、以下の要件をみたさなければならない。
1.治療を目的としていること
2.承認された方法で行われていること
3.患者本人の承諾があること
(Wikiペディアより、最終更新 2016年8月17日 (水) 07:57)

眉やアイライン、唇に「落ちにくいメイク」として行われるアートメイク。「毎日描くのが面倒」「上手く描けない」「メイク崩れが気になる」「似合うデザインが分からない」など理由で受ける場合、それは「治療」でしょうか。そして、それによって何が「治癒」するのでしょうか。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%BB%E7%99%82%E8%A1%8C%E7%82%BA

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP