アートメイクへの強い思い

9月27日のタトゥー判決には注目が集まっています。

「刑法学者の高山教授は、ダンスが規制されたり、タトゥーが規制されたり、今後は様々な文化に飛び火する可能性もあると主張している。」

これは、とても重大な事です。

私たちが生活を楽しんだり、それによって生計を立てて来たものが、行政によってどんどん規制されていくと言うのは、行政が私たちの生活に規制をかける事と同じです。

経済活動も規制によって鈍ります。

私たちはアートメイクに興味があって勉強を始めました。スクールの費用は結構高額でも、やりたいからこそ自分で払ったんです。施術に必要な道具類、衛生管理に必要な道具類は全て高額ですがそれも準備しました。使い捨て道具なと消耗品がとても多く、それらの仕入れもあります。そして好きな事が仕事になる楽しさを感じながら生きてきました。

技術者になった後も、新技術習得や海外コンベンションの参加、海外の大きなアートメイク団体の検定を受けるなど、費用が掛かる事も辞さず挑んできました。アートメイクが好きで、もっとやりたい、もっと上手くなりたい気持ちがあったからです。

タトゥーは犯罪なのか?若き彫り師が法廷で挑んだ戦い(Yahooニュース、山本兵衛さん)

ピックアップ記事

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
PAGE TOP