アートメイクライセンス制度下で行われていること

アートメイクライセンス制度下で行われていること

「問題なのは、タトゥーを彫ろうと決意した人が、そうした医療的なリスクを説明されることなく、施術を受けてしまうこと。タトゥーには医療的側面からリスクがある、という理解を広めていくべきだと市田医師は主張した。」

《ボクシング井岡タトゥー論争》「隠すべき・消すべき」55%がタトゥー否定の厳しい声【アンケート結果発表】 | 文春オンライン2020年12月31日の大晦日に行われたWBO世界スーパー・フライ級タイトル戦で挑戦者の田中恒成選手を圧倒して、8回TKObunshun.jp


アートメイクでもタトゥーでも針を消毒して使いまわしていたのはいったいどれくらい昔のことかと思います。いまはディスポが基本ですしISO認定工場で作られているものが多くあります。

基本的にライセンス制に国では感染症に関する講習を受ける事が義務となっています。

また、感染症の予防接種や梅毒でないかの診断書の提出などもあります。
色素に関してはアーティスト自身が気を付けていかなければいかないことですが、金属分のないまたは少ない色素もありMRIに問題なく入れるものもあります。

実際色素は成分表示があり、それを確認できますしメーカーに直接質問することも可能です。企業秘密として教えないメーカーなら、違うものを選ぶこともできます。どうしてもそれが使いたいならまずは成分表示義務のある国で売られている同じものを探せばいいのです。そのうえで判断できるでしょう。MRIに入れる色素はもとも「MRIフリー」と記載されてもいます。

アメリカとEU圏内では色素の安全基準が違うので、そこも要チェックです。

自分は自分にアートメイクをしており、親や親族にも入れていました。それぞれがMRIに入っていますが「変な感じがしたらブザーを」と言われて検査を断られたことはなく、違和感なく検査も終了しました。

「MRIで安全とは言えない」、これについては実際医師にも質問しており、全ての色素で大丈夫と言ってしまい何かあれが責任を問われるメーカー側の思惑が多分にあると聞いています。病院でも全ての色素で大丈夫だとは断言はできないし、MRIの機械も日進月歩ですから医師や看護師としてもリスクがあると言うのは当然です。

また、リスクに関しての事前説明の内容を決められているケースがかなりあり、アメリカなど州のライセンス取得の際にそれは決まり事となっています。

ライセンス制度を取っていない国でも厚労省にあたる役所が「事前に確認しておきたいこと」として注意事項を掲載している国もあります。

アートメイクのコースでも特にアメリカ系、EU内の物ではそうした内容が含まれており野放しにされているわけではありません。もちろんアジア圏のコースもそこが含まれているものがあります。大切なのはきちんとしたカリキュラムを受ける事です。

免許制の場合、同時にサロンスタジオの登録もあり、万が一誰かが感染した場合そこの顧客名簿から感染が広がっていないか、顧客名簿からトレースできる様な国もあります。

今このコラムを記載している自分は事前に病院に行き、開業にあたり血液検査を受けたうえで、必要なワクチンを医師と相談して受けました。ワクチンのないものもありますが、それに関しては血液検査を自発的に受けていました。それも医師と相談して医療従事者が受けるのと同じペースです。

万が一の感染はます真っ先にアーティストに起ります。お客様からの感染と言うことです。その次が同居の家族など身近な人、それからお客様です。

お客様に感染させるなど問題外ですが、一体だれが自分と大切な家族などに感染を移したいでしょうか?またの仕事が好きなら絶対感染しないように最大限の努力をします。感染してしまったらもうお客様への施術ははばかられるからです。

警察によって潰されてしまったアートメイク共済保険では血液検査の助成金を出しており、検査を積極的に奨励していました。

その保険ではもちろん失敗に関しての共助と、例えば除去が必要な場合の治療費の一部負担があり、自分たちでお客様に払う分に多少の補助金が出ていたのです。

摘発が厳しくなる前の段階で、海外の大きなスクールで受講したアーティストは少なくともそうした勉強は含まれていて知識を持ち実践していたのです。

感染症に関しては「お客様は全て何らかの感染症にかかっている」事を前提とした対応「スタンダードプリコーション」です。

使い捨てにするだけでなく、超音波洗浄機、内視鏡消毒に適した消毒薬グルタラール、オートクレーブなどが用意してありました。

また、医療産業廃棄物を含む産廃業者と契約するのです。

また自分は消防署によるAEDの使用を含む救急時の訓練も受けアップデート、リフレッシュもしていました。それとは別途にプライマリーケアとセカンダリーケアのコースも受けています。感電や落雷、毒ガスが発生したと思われる場面の判断と対応などサロンでは使う機会がなさそうな内容も含んではいますが、自然災害の多い日本で生活するうえでは非常に有益な知識です。

タトゥーやアートメイクに関しての古い情報がネットで都市伝説のように繰り返し出回り、それをまた拡散するひとがいて、情報のアップデートがされていない環境だと感じます。

医療の専門家がこうして「医療的側面からのリスクを広めていくべきだ」とするのはありがたい事です。それに医師として感染症のリスクがあると言う事は絶対言わなければならないことだと思います。

そのうえでアートメイクアーティストや彫り師にも話を聞こうと言うメディアや行政、医療界の姿勢が望まれます。

業界はどんどん変化していくものです。それを全て行政や医療界が個別に追い続けるのは現実的ではありませんし、そんな時間もないでしょう。メディアも他に重要な伝えるべき内容があるでしょうから、そこまで専門的に「彫り」の情報ばかりを集め続けることはできないでしょう。

定期的に送られてくる業界紙も常に新しい情報が記載されていますし、いまは正しい情報を海外からも集められます。もちろんどの内容が信頼できるかのリテラシーは必要ですが、グーグルさんが上手く翻訳してくれるので様々な情報が入手できます。

非常に勉強熱心な最先端にいるアーティストの業界知識の方が先に進んでいると判断するのが妥当ではないでしょうか。

現場の声と医療知識を持つ医師の声を聞いて行政が制度を作り、アップデートし続ける、大きなイベントでは医師を招待して関係の深い専門的知識を聞きアーティスト側も教わる、そういうことが海外で行われているのがアートメイク、タトウーのライセンス制度です。

「問題なのは、タトゥーを彫ろうと決意した人が、そうした医療的なリスクを説明されることなく、施術を受けてしまうこと。タトゥーには医療的側面からリスクがある、という理解を広めていくべきだと市田医師は主張した。」

アートメイクでもタトゥーでも針を消毒して使いまわしていたのはいったいどれくらい昔のことかと思います。いまはディスポが基本ですしISO認定工場で作られているものが多くあります。

基本的にライセンス制に国では感染症に関する講習を受ける事が義務となっています。

また、感染症の予防接種や梅毒でないかの診断書の提出などもあります。
色素に関してはアーティスト自身が気を付けていかなければいかないことですが、金属分のないまたは少ない色素もありMRIに問題なく入れるものもあります。

実際色素は成分表示があり、それを確認できますしメーカーに直接質問することも可能です。企業秘密として教えないメーカーなら、違うものを選ぶこともできます。どうしてもそれが使いたいならまずは成分表示義務のある国で売られている同じものを探せばいいのです。そのうえで判断できるでしょう。MRIに入れる色素はもとも「MRIフリー」と記載されてもいます。

アメリカとEU圏内では色素の安全基準が違うので、そこも要チェックです。

自分は自分にアートメイクをしており、親や親族にも入れていました。それぞれがMRIに入っていますが「変な感じがしたらブザーを」と言われて検査を断られたことはなく、違和感なく検査も終了しました。

「MRIで安全とは言えない」、これについては実際医師にも質問しており、全ての色素で大丈夫と言ってしまい何かあれが責任を問われるメーカー側の思惑が多分にあると聞いています。病院でも全ての色素で大丈夫だとは断言はできないし、MRIの機械も日進月歩ですから医師や看護師としてもリスクがあると言うのは当然です。

また、リスクに関しての事前説明の内容を決められているケースがかなりあり、アメリカなど州のライセンス取得の際にそれは決まり事となっています。

ライセンス制度を取っていない国でも厚労省にあたる役所が「事前に確認しておきたいこと」として注意事項を掲載している国もあります。

アートメイクのコースでも特にアメリカ系、EU内の物ではそうした内容が含まれており野放しにされているわけではありません。もちろんアジア圏のコースもそこが含まれているものがあります。大切なのはきちんとしたカリキュラムを受ける事です。

免許制の場合、同時にサロンスタジオの登録もあり、万が一誰かが感染した場合そこの顧客名簿から感染が広がっていないか、顧客名簿からトレースできる様な国もあります。

今このコラムを記載している自分は事前に病院に行き、開業にあたり血液検査を受けたうえで、必要なワクチンを医師と相談して受けました。ワクチンのないものもありますが、それに関しては血液検査を自発的に受けていました。それも医師と相談して医療従事者が受けるのと同じペースです。

万が一の感染はます真っ先にアーティストに起ります。お客様からの感染と言うことです。その次が同居の家族など身近な人、それからお客様です。

お客様に感染させるなど問題外ですが、一体だれが自分と大切な家族などに感染を移したいでしょうか?またの仕事が好きなら絶対感染しないように最大限の努力をします。感染してしまったらもうお客様への施術ははばかられるからです。

警察によって潰されてしまったアートメイク共済保険では血液検査の助成金を出しており、検査を積極的に奨励していました。

その保険ではもちろん失敗に関しての共助と、例えば除去が必要な場合の治療費の一部負担があり、自分たちでお客様に払う分に多少の補助金が出ていたのです。

摘発が厳しくなる前の段階で、海外の大きなスクールで受講したアーティストは少なくともそうした勉強は含まれていて知識を持ち実践していたのです。

感染症に関しては「お客様は全て何らかの感染症にかかっている」事を前提とした対応「スタンダードプリコーション」です。

使い捨てにするだけでなく、超音波洗浄機、内視鏡消毒に適した消毒薬グルタラール、オートクレーブなどが用意してありました。

また、医療産業廃棄物を含む産廃業者と契約するのです。

また自分は消防署によるAEDの使用を含む救急時の訓練も受けアップデート、リフレッシュもしていました。それとは別途にプライマリーケアとセカンダリーケアのコースも受けています。感電や落雷、毒ガスが発生したと思われる場面の判断と対応などサロンでは使う機会がなさそうな内容も含んではいますが、自然災害の多い日本で生活するうえでは非常に有益な知識です。

タトゥーやアートメイクに関しての古い情報がネットで都市伝説のように繰り返し出回り、それをまた拡散するひとがいて、情報のアップデートがされていない環境だと感じます。

医療の専門家がこうして「医療的側面からのリスクを広めていくべきだ」とするのはありがたい事です。それに医師として感染症のリスクがあると言う事は絶対言わなければならないことだと思います。

そのうえでアートメイクアーティストや彫り師にも話を聞こうと言うメディアや行政、医療界の姿勢が望まれます。

業界はどんどん変化していくものです。それを全て行政や医療界が個別に追い続けるのは現実的ではありませんし、そんな時間もないでしょう。メディアも他に重要な伝えるべき内容があるでしょうから、そこまで専門的に「彫り」の情報ばかりを集め続けることはできないでしょう。

定期的に送られてくる業界紙も常に新しい情報が記載されていますし、いまは正しい情報を海外からも集められます。もちろんどの内容が信頼できるかのリテラシーは必要ですが、グーグルさんが上手く翻訳してくれるので様々な情報が入手できます。

非常に勉強熱心な最先端にいるアーティストの業界知識の方が先に進んでいると判断するのが妥当ではないでしょうか。


現場の声と医療知識を持つ医師の声を聞いて行政が制度を作り、アップデートし続ける、大きなイベントでは医師を招待して関係の深い専門的知識を聞きアーティスト側も教わる、そういうことが海外で行われているのがアートメイク、タトウーのライセンス制度です。

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP