ゴミ袋防護服

ゴム袋で防護服

「新型コロナウイルスの感染拡大で医療用の物資が不足する中、東京都府中市の榊原記念病院がホームページ上で、ごみ袋から防護服をつくる方法を動画などで紹介している。考案したのは「発明家」の顔も持つ看護師。

医療現場では手術などで防護服を使っているが、感染拡大とともに各地で不足し、同病院でも3月以降は販売業者から届く量が激減。今月中に在庫が無くなる見通しの部署もあるという。副看護師長の村田詩子さんは医師から頼まれ、看護師仲間と一緒に、余った不織布で防護服を作成。」

COVID治療の現場では防護服不足も大きな問題になっている。ごみ袋から作らなければならない状態にまでなっている。

ある自治体では市民から雨合羽を病院に提供した。台湾からはレインコートが寄付された。

そんななか、美容クリニックでは防護服をどんどん使っている。この国の医療行政はおかしい。

https://www.youtube.com/watch?v=NVHO62Gg5cw (朝日新聞、ごみ袋で防護服、「発明家」の看護師が考案 3分で簡単)

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP