医療機関にはアートメイクでシミ隠しの発想はない

医療機関にはアートメイクでシミ隠しの発想はない

「アートメイクにレーザー光が当たると変な色になってしまうことがあります。シミを隠す肌色の色素は黒くなります。医療機関ではアートメイクでシミを隠す発想ないので、知らずに照射してしまう可能性あり。アートメイクの既往は施術者にくどいくらい伝えておくのが無難です。」 最初に針を使ってシミを隠すことを質問した人には何らかの意図があり、医療行為と答えさせるような聞き方をしている。利害関係者によるものと考えるのが自然

ピックアップ記事

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
PAGE TOP