お金儲けだけの美容医療、医療アートメイク

ナースとお客様より利益優先の美容医療

美容クリニックは内部からも「儲け主義」「経営はお客さんの事も美容ナースの事も考えていない。お金だけ。」「利益優先」などの声があります。コロナ感染で自分も感染リスクにさらされる、看護師として感染拡大に寄与している状態、感染の隠蔽に我慢が出来なくなった、良心的な美容ナースさんの声が届くようになりました。
 
コロナ危機を儲けるチャンスとするなど、およそ医師や看護師として、「医療機関」としてあり得ない事をやっていても、行政は「病院」のくくりから外す気はありません。メディアも不足している医療物資を不要不急の事に使う事実すら取り上げる気はないようです。

政治家の先生もだんまりです。政治家の皆さんや行政の方々は感染を封じ込める事に必死になってくれているはずなのに、感染拡大装置になっていて、医療物資も使う美容医療をスルーしているのはなぜですか?
  
衛生用品が不足しても不衛生なまま営業を続ける、感染拡大のこの時期にそれができるのは、普段からどれほど「お金優先」「利益優先」だったかを物語っています。

これが本来病気の治療をして治すことを目的とした職業の「医師」の判断だというのが絶望感を引き起こします。 美容医療以外の医師はこれをどう考えているのでしょう?コロナ治療に当たっている医師や看護師はどう考えているのか聞きたいですね、同じ医療人として。

緊急事態宣言が解除されれば、こうしたこともなかったことのように消えていきます。
 
今、看護師さんで美容医療への就職や転職を考えている方は、ナースの口コミなども探し、出来たらすでに美容医療にいる看護学校の同級生や先輩の話を聞き、よく検討された方が賢明です。
 
このような危機でもスタッフやお客さんの安全より利益が優先されるなら、感染危機でなくても、あなたは利益のためには使い捨ての駒のように扱われるでしょう。この時期に、時短勤務や時間差通勤、退職願いも断られている状態からして、ナースが感染することなど利益の前には問題とされないと言うことです。せっかく希望して入ったのに、幻滅して辞めたくなってる人、実際辞めた人、美容自体が嫌いになった人がいるのです。自分で自分の身を守り切ることができますか?
  
アートメイクがこうした「クリニック」が存在する「医療」が独占する事態になっているのは残念です。お客様の満足や安全より利益が優先される世界に、私たちの育てたアートメイク産業が毒されて「お金儲けの道具」にされています。

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP