ビューティー関連の支出はコロナでも減らない

ビューティー関連の支出はコロナでも減らない

「家計消費支出に占める「アパレル」の比率は3.00%から1.86%まで低下し、この間に2.14%から2.69%に伸びた「ビューティ」(理美容用品・サービス)支出に追い抜かれている。2020年も「ビューティ」支出は4.2%しか落ちておらず比率は僅かに上昇したが、これは家計調査が日本国民を対象としたもので外国人世帯も来日観光客も含まれていないからだ。」

コロナ禍で消費が落ち込んだにも関わらず、ビューティー関連の支出が4.2%しか落ちていないと言うことは、ここに行政が力を入れて規制緩和すれば、かなりの経済効果を生むと言うことです。落ちた分もインバウンドがないからだと推測されています。

行政はいまこそこの分野の可能性を認め、経済効果がより多くの人に行きわたるように規制緩和や産業発展に貢献する法整備を行うべきです。

もともとアートメイクは大変需要が大きい。何しろ摘発激化前で日本でも1万人以上が従事していた大きな産業だったのです。

仕事と雇用を生み出し、それで収入を増やす人、医療より身近なものに戻れば利用者もより増えるので消費も増えます。

もちろん美容商材を扱う企業も増収が望めます。海外からの輸入となれば国際便の会社、国内の宅配業者も増収です。

コロナで韓国に行けないからこそ、日本のアートメイクを活性化させるチャンスです。ここで日本でもリーズナブルな価格でセンスの良い最新のアートメイクが受けられると浸透させる必要があります。

それを怠ると、コロナ後はまたお客様は韓国へ行ってしまい日本のお金が日本に落とされません。日本経済への利益にはならないのです。

メディカルアートメイクではなかなか予約すら取れないほど、需要に供給が間に合っていません。みんなが自分の希望通りの日程で受けられるようになれば、より利便性も高まるのでより多くが受けるようになります。

アートメイクを医療に限定することで、アートメイクに関わる一部の医療界にしか利益が及んでいません。行政の仕事は国民みんなにより広く利益が広がる方法を考える事です。

アートメイクは諸外国のようにきちんとしたライセンス制にすれば、感染症など「医療でなけれなならない」と主張する人達の懸念することに安全性が担保されます。そうだからこそ海外の医師達や医療界の重鎮、感染症センターなどがライセンス制を許可しているのです。

海外の医療の専門家が大丈夫だと認識している事であり、なんの根拠もなくライセンス制を取り入れているわけではないのです。

まさか厚労省も日本の医療界も法曹界も「海外の日本以外の医師や看護師や感染症研究センターや厚労省にあたる行政は、安全性にかんする意識が低い」とは言えないと思います。なぜなら極端な規制を「通達」と言う形でアートメイクに科しているのは日本だけだからです。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/80299?imp=0 (日本人は知らない…日本人がどんどん「貧しく」なっている「本当の理由」)

「家計消費支出に占める「アパレル」の比率は3.00%から1.86%まで低下し、この間に2.14%から2.69%に伸びた「ビューティ」(理美容用品・サービス)支出に追い抜かれている。2020年も「ビューティ」支出は4.2%しか落ちておらず比率は僅かに上昇したが、これは家計調査が日本国民を対象としたもので外国人世帯も来日観光客も含まれていないからだ。」
コロナ禍で消費が落ち込んだにも関わらず、ビューティー関連の支出が4.2%しか落ちていないと言うことは、ここに行政が力を入れて規制緩和すれば、かなりの経済効果を生むと言うことです。落ちた分もインバウンドがないからだと推測されています。
行政はいまこそこの分野の可能性を認め、経済効果がより多くの人に行きわたるように規制緩和や産業発展に貢献する法整備を行うべきです。
もともとアートメイクは大変需要が大きい。何しろ摘発激化前で日本でも1万人以上が従事していた大きな産業だったのです。
仕事と雇用を生み出し、それで収入を増やす人、医療より身近なものに戻れば利用者もより増えるので消費も増えます。
もちろん美容商材を扱う企業も増収が望めます。海外からの輸入となれば国際便の会社、国内の宅配業者も増収です。
コロナで韓国に行けないからこそ、日本のアートメイクを活性化させるチャンスです。ここで日本でもリーズナブルな価格でセンスの良い最新のアートメイクが受けられると浸透させる必要があります。
それを怠ると、コロナ後はまたお客様は韓国へ行ってしまい日本のお金が日本に落とされません。日本経済への利益にはならないのです。
メディカルアートメイクではなかなか予約すら取れないほど、需要に供給が間に合っていません。みんなが自分の希望通りの日程で受けられるようになれば、より利便性も高まるのでより多くが受けるようになります。
アートメイクを医療に限定することで、アートメイクに関わる一部の医療界にしか利益が及んでいません。行政の仕事は国民みんなにより広く利益が広がる方法を考える事です。
アートメイクは諸外国のようにきちんとしたライセンス制にすれば、感染症など「医療でなけれなならない」と主張する人達の懸念することに安全性が担保されます。そうだからこそ海外の医師達や医療界の重鎮、感染症センターなどがライセンス制を許可しているのです。
海外の医療の専門家が大丈夫だと認識している事であり、なんの根拠もなくライセンス制を取り入れているわけではないのです。
まさか厚労省も日本の医療界も法曹界も「海外の日本以外の医師や看護師や感染症研究センターや厚労省にあたる行政は、安全性にかんする意識が低い」とは言えないと思います。なぜなら極端な規制を「通達」と言う形でアートメイクに科しているのは日本だけだからです。

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP