マスクは感染防止効果が高い不織布製を顔に密着させて着用を

マスクは感染防止効果が高い不織布製を顔に密着させて着用を

『米国の疾病対策センター(CDC)などは四月以降、感染者の口や鼻から出て空気中に浮遊するウイルスを含んだ微粒子「エアロゾル」を介した感染への注意を呼び掛けている』
.
国内でもエアロゾルが原因と考えられる感染は、各地で発生しているそうです。
.
飛沫感染ばかりが強調されてきましたが、エアロゾルについてはすでに去年の早い時期で言われていました。
.
粒子の水分が奪われやすい湿度の低い状態や、空気の出入りがない密閉空間では空中にとどまる時間も延びる。距離を取っても、またマスクをしていても脇から漏れ出るなどして感染が拡大する可能性があるので、より一層換気を心掛け、マスクは感染防止効果が高い不織布製を顔に密着させるように着用しましょう。

ピックアップ記事

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
PAGE TOP