不当に私権を制限する厚労省

不当に私権の制限をする厚労省

感染症の広がりが抑えられない状態が続き、それを何とかいい方向へ向かわせるためにロックダウンなど行動や営業の自由を含む「私権の制限はどこまで許されるのか」の議論があります。

日本政府が他国のようにロックダウンなどを避けあくまでも「自粛要請」に拘ってきたのはこの「人権侵害」を犯すことを避けるためです。

基本的人権の中には移動の自由や表現の自由、職業選択の自由や営業の自由なども含まれており、日本国憲法では全体のために個人の自由を制限することは否定されています。

制限される場合があっても必要以上に制限されることがあってはならないことは言うまでもありません。そのそれぞれの人に取っての権利が衝突する・矛盾を生じる場合があり、憲法にはそれを調整する基準として「公共の福祉」が存在します。

この記事はあくまでも日本や世界の人々の健康や命、経済、国の存亡にも関わる新型コロナ感染症と私権の制限についての内容です。しかし「私権の制限」「個人の自由」「人権」に関わる問題は私たちの身近に常に存在しています。

ここでは厚労省のアートメイクを医療に限定する通達、それに伴う逮捕などについて考えて見ましょう。

「トラブルが報告されたから規制を考える」これは公共の福祉として大切なことです。「トラブルなくアートメイクを受ける」ことは尊重されるべき人権です。

しかしそこで古い医師法を持ち出して医療以外は認めないとする「0」か「100」かと言う判断は「0」の方の人権を無視しています。一般アーティストから完全に仕事を奪い、またクリニック以外で受けたい人から選択肢を奪ったのは「制限の行き過ぎ」ではないでしょうか。そもそも仕事を奪うと言うことは生活の手段を奪うと言うことで「生存権」の否定でもあります。

公共の福祉と個人の自由は常に矛盾や衝突の可能性を持ちます。人権には国家によってさえも侵おかされることのない「不可侵性」という性質があります。しかしそれは他人の権利を不当に侵害しない限りにおいて保障されているにすぎません。

私たちとサロンで受けたい人、多様な場所から自分で選びたい人、自分の財布事情に合った場所を選びたい人の権利は不当に侵害されています。

そして医療者と言う一部の権利だけが擁護されています。

本来厚労省は矛盾・衝突している「人権」をいかにして両立させるよう努力することが要求されているはずです。つまりアートメイクを規制するならば、一般アーティストから営業の自由や表現の自由、職業選択の自由を奪うことをせず、サロンで受けたい人から選択肢を奪わないライセンス制度を作ることが本来の行政の仕事だったはずなのです。

諸外国でライセンス制にするなど医療に限定していないのは「人権」や「個人の自由」を尊重しつつ「公共の福祉」も両立させるためです。

「ヨーロッパでは、権利の制限が行きすぎたときに行政の監視をするオンブズマンなどが機能しているが、日本では、そうした仕組みが弱い」ため行政の行き過ぎが放置されがちです。

権限を持つ側が弱い立場にある者の利益のためだとして本人の意志を確認せずに介入・干渉・支配するパターナリズムがまかり通っています。

それに民主主義国家では本来権限を持つ側は私達国民であり、行政はそれに奉仕するべき存在ですが、その行政機関である厚労省が政府・国民から選ばれた代表である政治家でさえ躊躇する「個人の自由の制限」を通達と言う国民に法的拘束力のない紙きれ一枚で簡単に規制し「個人の自由」や「人権」を蹂躙しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210115/k10012816591000.html (新型コロナ対策 個人の自由制限『許される』86% NHK世論調査)

感染症の広がりが抑えられない状態が続き、それを何とかいい方向へ向かわせるためにロックダウンなど行動や営業の自由を含む「私権の制限はどこまで許されるのか」の議論があります。

日本政府が他国のようにロックダウンなどを避けあくまでも「自粛要請」に拘ってきたのはこの「人権侵害」を犯すことを避けるためです。

基本的人権の中には移動の自由や表現の自由、職業選択の自由や営業の自由なども含まれており、日本国憲法では全体のために個人の自由を制限することは否定されています。

制限される場合があっても必要以上に制限されることがあってはならないことは言うまでもありません。そのそれぞれの人に取っての権利が衝突する・矛盾を生じる場合があり、憲法にはそれを調整する基準として「公共の福祉」が存在します。

この記事はあくまでも日本や世界の人々の健康や命、経済、国の存亡にも関わる新型コロナ感染症と私権の制限についての内容です。しかし「私権の制限」「個人の自由」「人権」に関わる問題は私たちの身近に常に存在しています。

ここでは厚労省のアートメイクを医療に限定する通達、それに伴う逮捕などについて考えて見ましょう。

「トラブルが報告されたから規制を考える」これは公共の福祉として大切なことです。「トラブルなくアートメイクを受ける」ことは尊重されるべき人権です。

しかしそこで医師法を持ち出して医療以外は認めないとする「0」か「100」かと言う判断は「0」の方の人権を無視しているのです。一般アーティストから完全に仕事を奪い、またクリニック以外で受けたい人から選択肢を奪ったのは「制限の行き過ぎ」ではないでしょうか。そもそも仕事を奪うと言うことは生活の手段を奪うと言うことで「生存権」の否定でもあります。

公共の福祉と個人の自由は常に矛盾や衝突の可能性を持ちます。人権には国家によってさえも侵おかされることのない「不可侵性」という性質があります。しかしそれは他人の権利を不当に侵害しない限りにおいて保障されているにすぎません。

私たちとサロンで受けたい人、多様な場所から自分で選びたい人、自分の財布事情に合った場所を選びたい人の権利は不当に侵害されています。

そして医療者と言う一部の権利だけが擁護されています。

本来厚労省は矛盾・衝突している「人権」をいかにして両立させるよう努力することが要求されているはずです。つまりアートメイクを規制するならば、一般アーティストから営業の自由や表現の自由、職業選択の自由を奪うこと、サロンで受けたい人から選択肢を奪わないライセンス制度を作ることが本来の行政の仕事だったはずなのです。

諸外国でライセンス制にするなど医療に限定していないのは「人権」や「個人の自由」を尊重しつつ「公共の福祉」も両立させるためです。

「ヨーロッパでは、権利の制限が行きすぎたときに行政の監視をするオンブズマンなどが機能しているが、日本では、そうした仕組みが弱い」ため行政の行き過ぎが放置されがちです。

権限を持つ側が弱い立場にある者の利益のためだとして本人の意志を確認せずに介入・干渉・支配するパターナリズムがまかり通っています。

それに民主主義国家では本来権限を持つ側は私達国民であり、行政はそれに奉仕するべき存在ですが、その行政機関である厚労省が政府・国民から選ばれた代表である政治家でさえ躊躇する「個人の自由の制限」を通達と言う国民に法的拘束力のない紙きれ一枚で簡単に規制し「個人の自由」や「人権」を蹂躙しています。

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP