個人の意見を潰す

須藤元気氏 の「世代交代したい」、個人の意見 を押さえつけて 団体 など所属組織の方針に合わせた意見しか言わせないと言うのは、非常に多くの日本で生活する人が感じたことがある事だと思います。
 
そもそも 給付金 の支払いも 世帯主 あて。 個人 を無視して 全体主義的 な傾向はますます強まっています。
 
それを言葉にしてくれたことは 勇気ある行動 です。
 
組織や団体が個人の言論まで支配しようとする場合、そこは必ず 衰退 していきます。
 
アートメイク に 医師免許 ではなく 資格制度 を言う医師たちと話したときも、医療界 は狭く一部の 医師 がやっていることに反論すると 報復 される恐れがあるから言えないとの意見がありました。また、美容医療の医師は「おかしいと思うけど自分は 美容医療 にいるから言えない」と。つまり「立場主義」が医師達の間で浸透していると言うこと。そして自動的に個人的意見を述べない選択をすると言うことは、そうした習慣が 医療学会、病院 単位などで 習慣化 していると言うことに他ならない。

また 厚労省 の通達などに盾突くと病院内での出世が阻害されると言います。病院経営側 の方で厚労省に 忖度 する体質が出来上がっていると言うこと。

医師が立場主義、全体主義 的傾向に従うと言うことは 恐怖 です。明らかにおかしかったり、間違ったことがあっても言えずにそのまま放置されるのですから。国民全体の 健康 が害される可能性を秘めています。まともな 医療行政 を運営するうえでも大きな妨げとなる。

実際今回のコロナで厚労省の対策に様々な疑問が国民の間にあったのに、公に声を上げた医師や看護師、感染症の専門家はごく少数。アフターピルのオンライン処方を先駆けて行ってくれた医師はほんの少し。出産前検査もしてくれた医師は止められました。
 
厚労省には 医技官 がいますが、ペーパードクター だという話です。ならばなぜ現場で医療にリアルタイムで向き合う医師ら 医療人 のほうが、厚労省に対して 委縮 しなければならないのか。

もし同じ医療人に異論をはさめば報復される恐れがあるのなら、他人の意見を聞けない医療人がどうやって患者の意見や気持ちに寄り添えるのでしょうか?報復や足を引っ張られるなんて、それこそ「オレ様」で恐ろしい。
 
今は 江戸時代 ではありません。 行政 は「お上」ではないのです。こんな #民主主義 の国って、いわゆる途上国以外にはないのでは?

https://www.youtube.com/watch?v=Nts_VE5TXCs

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP