刑法学者「タトゥーは医療行為に当たらない」と証言

注目が集まる大阪のタトゥー裁判。アートメイクも針を使うため、タトゥーと同様医療行為との解釈があります。アートメイクは元々「眉の入れ墨」と言われてきたものです。単にアートメイクと言う和製英語を作ってそう呼んでいるだけで、やっている事は同じです。英語ではコスメティック・タトゥーとも言います。基本的にアートメイクは入れ墨、タトゥーであると言うのが世界共通の認識です。

5月31日の公判では刑法学者が「入れ墨は社会的に医師に期待される行為ではなく、医療行為にあたらない」と証言しました。
yahooヘッドライン 朝日放送ニュース記事 タトゥー裁判 刑法学者「医療行為にあたらず」

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 2017/3/13

    46歳 美容業
    今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業&nbs…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP