加藤厚労大臣、WHOでの正論

「日本の加藤勝信厚生労働相は台湾の名前を挙げ、「台湾のような公衆衛生上の成果を上げた地域を参考にすべき」と述べ、台湾を排除したWHOの対応を批判した。 」

参議院議員 和田政宗氏 「加藤厚生労働大臣が言うように、今こそ封じ込めに成功した台湾の事例から世界は学ばないといけないのに、なぜWHOは台湾をオブザーバー招待しないのでしょうか? 」

加藤大臣、参議院議員の和田先生の言う通りだと思います。台湾から学べることは多く、世界中で猛威をふるっているコロナをいかに封じ込め犠牲者を減らしていくかと言う世界の共通課題の解決に台湾の英知は必要です。

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP