厚労省はタトゥー=医療行為という 立場を採ってきましたが、変更せざるをえない

厚労省はタトゥー=医療行為という立場を採ってきましたが、変更せざるをえない

薬事法ドットコムではタトゥー=医療でないの裁判結果から厚労省は今までの解釈を変えざるを得ないと予測しています。そしてアートメイクも同様だと。厚労省も警視庁もアートメイクとタトゥーは同じと解釈していたから起きた一連の摘発。国民生活センターも何度もアートメイクは入れ墨であると強調している。今になってタトゥーは医療じゃないけどアートメイクはの入れ墨は医療行為などと言うダブルスタンダードは許されない。

「先週水曜日16日に、最高裁は、非医師がタトゥーを施しても医師法違反にならないという決定を下しました。これまで厚労省はタトゥー=医療行為という立場を採ってきましたが、変更せざるをえないと思います。また、アートメイクも同様に扱われることになるでしょう。今後、タトゥーやアートメイクを教えるスクールが人気を集めるかもしれません。」

https://www.yakujihou.com/mailmagazine/7912/

厚労省はタトゥー=医療行為という 立場を採ってきましたが、変更せざるをえない

ピックアップ記事

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
PAGE TOP