厚労省医政局、医事課は、医療アートメイクとしっかり「癒着」している

厚労省医政局と医療アートメイクの癒着

厚労省医政局、医事課は、医療アートメイクとしっかり「癒着」している。彼らは医療アートメイクが招待すれば行くのに、一般アーティストのことはガン無視。彼らは片方側の話ししか聞きません。私達が厚労省医政局、医事課に電話しても、彼らはとにかく早く電話を切ろうとします。彼らは担当者を急にアートメイクの事を知らなそう人に変える事もしました。

今回の新型コロナ、COVIDでMHLW医政局、医事課は自分たちの利権や天下り先、補助金、権力の拡大にしか興味がないのは明らかになりました。世界的な危機である感染症ですら、彼らは国民の声、現場で戦うの医師や看護師たちの声も聞こうとしていません。 

そんな医政局と癒着してまで、自分たちの利権を確保しようとするメディカルアートメイク。その医師や看護師は「ヒポクラテスの誓い」や「ナイチンゲール誓詞」で何を誓ったのでしょうか?

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP