厚労省の地方移住計画のセミナーでエキストラや人材派遣会社をとおしてサクラを雇っていた。

国の事業でサクラを雇っていた

「全国の自治体が東京都内で開いている 移住相談会 で、一部の参加者に 現金 が支払われていた。

相談会の運営を受注した都内の企業が、テレビ番組のエキストラを募る求人サイト運営企業や人材派遣企業に「人集め」を発注。企業の関係者が現金支給を認め、参加者本人が サクラ の実態を証言した。本紙は内部資料や情報公開請求により、石川県、三重県、千葉県、富山県黒部市、岐阜県郡上市など約50の県や市町村が主催する 相談会 で参加者の 偽装 を確認している。
   
全14回で現金が支給され、少なくとも170人が1回当たり5000円を受け取っていた。参加者11人のうち10人が「サクラ」だったセミナーが3回あり、複数回参加した若者もいた。
   
地方で働く魅力を伝えるセミナーの主役は学生で、集客こそが事業の根幹。それを委託や外注で済ませていたとは理解に苦しむ。 地方移住 は人生の転換であり、仕事があれば実現するという単純な話ではない。地方との連携など細やかな体制づくりが不可欠だが、 厚労省 にそのノウハウがあるか疑問だ。セミナーは地域を限定しておらず、具体性がない 。」
   
本当にこの事業を成功させる気があるのか疑問。 少子化 や 女性の活躍 などでも事態を改善する気があるようには思えない。実際問題として少子化も女性の活躍も、もう何年もやっているのにほとんど変化が見られない。先の厚労大臣は女性がハイヒールを履くのは当然と取れる発言をし、海外でもその言葉はニュースとなって拡散しました。
    
改善するにも実態もよく把握されておらず、当事者の話も聞いていないのだろう。厚労省の管轄する部分は「人」を見てその「生の声」を聴く必要がある事ばかり。学者や省が集める専門家と机の上での議論では解決できないものが大半だ。

https://www.tokyo-np.co.jp/amp/article/48227?fbclid=IwAR1cO3z-Og1RZN5EJ86-aiAzsBabiHnIFtN-oBhzWUdpqkE8oNHeJWunJGg (東京新聞、国の移住セミナーが現金で参加者を動員 「サクラ」に1回5000円)

厚労省の地方移住計画のセミナーでエキストラや人材派遣会社をとおしてサクラを雇っていた。

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP