国や人種で異なる眉の好み

眉メイクの好み、日本人と外国人ではかなり異なります。

日本のお客様に眉毛のアートメイクのご希望をうかがうと、「きつく見えないように」と言われる事があります。どちらと言えば「かわいい」「ふんわりした感じ」「やさしい感じ」。あとは、「彫りが深く見えるように」「外国人風に見えるように」もありますね。外人風を目指す場合、やさしいイメージの眉よりは濃いものが好まれるようです。

皆さんが絶対イヤと言うのは「濃すぎる眉」、特に眉頭には神経を使います。薄すぎず、濃すぎないを表現するためです。

では白人系、黒人系、ラテン系、中東方面の方はと言うと、セクシーさやゴージャス感を求められることがよくあります。ヴィクトリアズ・シークレットのモデルさんをイメージして頂くと分かりやすいかも知れません。知的な感じやエレガンス、洗練を求める傾向もありますね。

そして結構濃いのがお好みの様子。眉頭も日本のお客様だったら濃すぎと感じるくらいで「まだ薄い」、「もっと濃くして」「はっきり入れて」とリクエストされます。でも濃すぎや真っ黒はだめです。あくまでも自然に見える範囲で。

アジア系以外の方々に、並行眉はあまり人気がないようでした。理由を聞いてみたところ、「退屈」「感情が見えない」などがあがりました。逆にその人の個性がはっきりでる形は好まれます。

ではでは、日本人と似た系列の顔の人達、中国や韓国、台湾などはと言うと、実に色々です。セクシー、ゴージャスが好きな人、オルチャンメイク的な感じ、まっすぐ、並行眉など、バラエティ豊かです。顔は似ていても好みは違います。とは言ってもここ数年は韓国風メイクがアジア圏をリードしている感はありますね。

育った環境にも左右されるかも知れません。例えば中国系アメリカ人の場合、お顔は中国系ですがメイクの好みはアメリカンです。

個人的好みや世代による違いもありますので、ここに挙げた例はあくまでも傾向です。決めつけはせず個人の好みを尊重しましょう。

メイク理論はあくまでも理論。実践では、それをそれぞれの方の好みや望まれているイメージに応用させていくことを必要とされます。

1人として同じ眉はありません。また、「正しい眉」「間違い眉」がある訳ではありません。

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP