「新型コロナウイルスの感染拡大で医療現場での人手が不足していることから、厚生労働省は看護系大学に対して教員や大学院生を現場に派遣するよう要請していることが分かりました。 各地の医療機関ではクラスターの発生などで看護師が不足し、通常の診療にも影響が出始めています。 この状況を受け、厚労省は先月、看護系大学約280校に対して看護師免許を持つ教員や大学院生を現場に派遣するよう要請を出しました。 派遣先は新型コロナウイルスの患者を受け入れている病院や療養施設などを想定していて、賃金は医療機関や都道府県から支払われる予定です。」 厚労省や各種医師会・医学会、看護師協会などは、こんなに看護師が不足しているのに、まだアートメイクと言う日本以外は医療人材以外が行っていることに看護師を使い続けるつもりなのでしょうか? 医療は社会インフラで、知識と技術を持った医療人材の育成には時間もお金もかかります。 このような未曽有の事態、国の存亡や国民に多数の犠牲が生じており未だにいつ収束するか分からない状態で「アートメイクは医療行為」などと言っている場合ではないでしょう。 私達国民に健康を維持し治せる病気の治療を受けさせて下さい。

国民に健康を維持し治せる病気の治療を受けさせて下さい

「新型コロナウイルスの感染拡大で医療現場での人手が不足していることから、厚生労働省は看護系大学に対して教員や大学院生を現場に派遣するよう要請していることが分かりました。


各地の医療機関ではクラスターの発生などで看護師が不足し、通常の診療にも影響が出始めています。


この状況を受け、厚労省は先月、看護系大学約280校に対して看護師免許を持つ教員や大学院生を現場に派遣するよう要請を出しました。

派遣先は新型コロナウイルスの患者を受け入れている病院や療養施設などを想定していて、賃金は医療機関や都道府県から支払われる予定です。」


厚労省や各種医師会・医学会、看護師協会などは、こんなに看護師が不足しているのに、まだアートメイクと言う日本以外は医療人材以外が行っていることに看護師を使い続けるつもりなのでしょうか?

医療は社会インフラで、知識と技術を持った医療人材の育成には時間もお金もかかります。


このような未曽有の事態、国の存亡や国民に多数の犠牲が生じており未だにいつ収束するか分からない状態で「アートメイクは医療行為」などと言っている場合ではないでしょう。


私達国民に健康を維持し治せる病気の治療を受けさせて下さい。

https://youtu.be/wjdoeJi-8HA (看護系大学に院生など派遣要請 看護師不足に対応へ(2021年1月5日))

「新型コロナウイルスの感染拡大で医療現場での人手が不足していることから、厚生労働省は看護系大学に対して教員や大学院生を現場に派遣するよう要請していることが分かりました。
各地の医療機関ではクラスターの発生などで看護師が不足し、通常の診療にも影響が出始めています。
この状況を受け、厚労省は先月、看護系大学約280校に対して看護師免許を持つ教員や大学院生を現場に派遣するよう要請を出しました。
派遣先は新型コロナウイルスの患者を受け入れている病院や療養施設などを想定していて、賃金は医療機関や都道府県から支払われる予定です。」
厚労省や各種医師会・医学会、看護師協会などは、こんなに看護師が不足しているのに、まだアートメイクと言う日本以外は医療人材以外が行っていることに看護師を使い続けるつもりなのでしょうか?
医療は社会インフラで、知識と技術を持った医療人材の育成には時間もお金もかかります。
このような未曽有の事態、国の存亡や国民に多数の犠牲が生じており未だにいつ収束するか分からない状態で「アートメイクは医療行為」などと言っている場合ではないでしょう。
私達国民に健康を維持し治せる病気の治療を受けさせて下さい。

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP