患者の命を救うためにも、まずは看護師を守らなければならない

患者の命を救うためにも、まずは看護師を守らなければならない

「コロナ禍 で 看護師 の「燃え尽き症候群 」が懸念されている。極度のストレス や 疲労 などからくる 徒労感 や 無力感 で、仕事への意欲を失うケースもある。看護師不足 が叫ばれるなか、さらなる 離職 は 医療崩壊 にもつながりかねない。患者の命を救うためにも、まずは 看護師を守らなければならない 。」

「感染のリスク を抱えながら、感染者 の命を守るという過酷な仕事でありながら、支払われている対価は十分とはいえない。日本医療労働組合連合会 は11月25日に記者会見し、加盟する医療機関の44.3%で、年末一時金(冬のボーナス)が昨年より引き下げられるとの調査結果を明らかにした。」

医療従事者が十分な対価を得る事、人数を増やして一人当たりの業務量が減り精神的にも肉体的にも負担が減るようにするとが必要です。そのために税金が大量に使われても反対する国民はいないと思います。.このままでは本当に通常の医療すら受けられなくなります。

また、日本以外は医療と見なしてないアートメイクに、貴重な医師看護師を使うことは知識とスキルのムダ使いです。

ことここに至って、アートメイクに関係ない人たちにも、厚労省や一部の利権狙いの医師や看護師がアートメイクを医療と見なすことで、直接的な被害を受ける案件になりました。自分や自分の大切な人が十分な医療を受けられなくなるからです。.いくら病院や病床を増やしてもマンパワーがなければ稼働できません。

そしてこのような事態でもまだ「アートメイクは医療行為」と言い、国民全体の健康や治療を受ける権利、世界中に蔓延する感染症と闘う事より、「アートメイク利権とお金」に目がくらんだ、医療人として・人としてのモラルから大きく逸脱したメディカルアートメイクは、まさに「アートメイクが医療でない」ことを体現してしまっています。

なぜなら医療とは一部の人のお金儲けの手段ではなく、社会に必要とされるインフラであり、国全体の存続にさえ関わるものだからです。

https://dot.asahi.com/wa/2020120400012.html?page=1&fbclid=IwAR0BRWGjVbfs3uqCeYXEWt7BhexcfPlE8BAb3q2qwXEzkL9eWu95GxbVGYM(コロナで疲弊する看護師の現実「世間はGo To楽しんでいるのに」)

「#コロナ禍 で #看護師 の「#燃え尽き症候群 」が懸念されている。#極度のストレス や #疲労 などからくる #徒労感 や #無力感 で、仕事への意欲を失うケースもある。#看護師不足 が叫ばれるなか、さらなる #離職 は #医療崩壊 にもつながりかねない。患者の命を救うためにも、まずは #看護師を守らなければならない 。」
.
「#感染のリスク を抱えながら、#感染者 の命を守るという過酷な仕事でありながら、支払われている対価は十分とはいえない。#日本医療労働組合連合会 は11月25日に記者会見し、加盟する #医療機関 の44.3%で、年末一時金(冬のボーナス)が昨年より引き下げられるとの調査結果を明らかにした。」
.
医療従事者が十分な対価を得る事、人数を増やして一人当たりの業務量が減り精神的にも肉体的にも負担が減るようにするとが必要です。そのために税金が大量に使われても反対する国民はいないと思います。
.
このままでは本当に通常の医療すら受けられなくなります。
.
また、日本以外は医療と見なしてないアートメイクに、貴重な医師看護師を使うことは知識とスキルのムダ使いです。
.
ことここに至って、アートメイクに関係ない人たちにも、厚労省や一部の利権狙いの医師や看護師がアートメイクを医療と見なすことで、直接的な被害を受ける案件になりました。自分や自分の大切な人が十分な医療を受けられなくなるからです。
.
いくら病院や病床を増やしてもマンパワーがなければ稼働できません。
.
そしてこのような事態でもまだ「アートメイクは医療行為」と言い、国民全体の健康や治療を受ける権利、世界中に蔓延する感染症と闘う事より、「アートメイク利権とお金」に目がくらんだ、医療人として・人としてのモラルから大きく逸脱したメディカルアートメイクは、まさに「アートメイクが医療でない」ことを体現してしまっています。
.
なぜなら医療とは一部の人のお金儲けの手段ではなく、社会に必要とされるインフラであり、国全体の存続にさえ関わるものだからです。

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP