看護師不足

看護師の待遇改善を!

厚生労働大臣(第8・9・10代)を歴任した舛添要一氏

「医療崩壊が懸念されている。医師のみならず看護師にも注意を払ってほしい。全国で、感染症介護専門看護師は78名、感染管理認定看護師は2903名しかいない。一般看護師をにわかに訓練しないと間に合わない。日本看護師協会はもっと警鐘の声を上げるべきだ。私の原点は母の介護だ。沈痛な思いである。」

もともと看護師不足は懸念されており、コロナでますます足りない、特に感染症専門が極端に少ないことを知りました。

離職した看護師の復職を募っているがそれも「危険性やリスク、仕事の過酷さに見合うだけの給与でない」、「補償のなさ」「差別」などでなかなか進みません。

看護師の待遇を改善しなければ、慢性的な看護師不足は解消されない。

看護学校には貴重な看護のプロを育てるために税金が投入されています。看護が社会インフラであり国民にとって欠かせない仕事だからです。

離職率の高さは、明らかに「努力が報われない」環境も原因の一部だと思います。

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP