短絡的思考停止 が行政サービスサイドに生じ通知が発出された

短絡的思考停止 の厚労省がアートメイク通達を出した

こちらのフリーペーパーの「アートメイク も 彫師 による施術は合法に」は一つの考え方、意見としてであると考えて下さい。

ここでは タトゥー は「社会通念 に照らして医療及び保健指導に属する行為であるとは認めがたく、医行為にあたらないとすべきである。タトゥー施術行為に伴う保健衛生上の危険については 医師 に独占的に行わせること以外の方法により防止するほかない」

「アートメイクを 医業 が提供できるならタトゥーも医業が提供するのが相当」という 短絡的思考停止 が行政サービスサイドに生じ通知が発出されたこと。警察 の行き過ぎた取り締まりも通知あればこそ。今回の 最高裁判断 でこうした行政の迷走もあぶりだされた格好です。」

そもそもアートメイクを提供していた医療機関は極端に少なく、ほぼ100%近い日本のアートメイクはサロンで提供されていました。そして通達の根拠としてトラブルを上げることがありますが、その極端に少ない医療機関でのアートメイクでのトラブルも報告されていました。

つまり、アートメイクは社会通念上医療ではなかったし、医療で トラブル があったのに医療行為と位置付けた事自体が大きな間違いです。ごくごく一部の医療機関が提供できるなら医療行為とする、それなら何でも医療行為と言えてしまう。.例えば仮に医療機関でメディカルネイルと称して提供するクリニックが数件あればネイルは医療行為とすると言うことになります。

また、摘発が激しくなってサロンが止めていく中で医療は独占できると踏んで メディカルアートメイク を増やしてきたので、今アートメイクを提供するクリニックが増えたからと言って「社会通念上アートメイクは医療行為である」とは言えません。それは完全な後出しジャンケンでしかありません。メディカルアートメイクには社会通念を形成するほどの歴史、長さはありません。

またアートメイクが 刺青 であるとの認識が日本社会に深く浸透している以上、タトゥーが医療でないならアートメイクも医療ではありません。

アートメイクを医療行為とした厚労省の通達自体が完全な短絡的思考停止であり、そのせいでトラブルなしでも警察が逮捕する事態となり、1万人以上が失業したのです。生活を壊されまた#メディア報道 により社会的に抹殺された人もいます。アートメイクで逮捕のメディア報道は、警察による意図的なリークによる「見せしめ行為 」であり「 公開処刑 」でした。

厚労省は発行する通達によってどれだけの人の人生を壊すかなど全く考えていなかったのでしょう。

アートメイクを医療と見なしたままにする、または 看護師 くらいまでは自立してできる準医療行為のようにしても、まだまだおかしな矛盾や混乱が残ります。

道具や色素はタトゥーとアートメイクで同じものでも目的によって異なる、准看護師 と言う国家資格でないものが認められて歯科医 や 歯科衛生士 がダメな合理的理由などもありません。

こちらのフリーペーパーの「アートメイク も 彫師 による施術は合法に」は一つの考え方、意見としてであると考えて下さい。.ここでは タトゥー は「社会通念 に照らして医療及び保健指導に属する行為であるとは認めがたく、医行為にあたらないとすべきである。タトゥー施術行為に伴う保健衛生上の危険については 医師 に独占的に行わせること以外の方法により防止するほかない」.「アートメイクを 医業 が提供できるならタトゥーも医業が提供するのが相当」という 短絡的思考停止 が行政サービスサイドに生じ通知が発出されたこと。警察 の行き過ぎた取り締まりも通知あればこそ。今回の 最高裁判断 でこうした行政の迷走もあぶりだされた格好です。」.そもそもアートメイクを提供していた医療機関は極端に少なく、ほぼ100%近い日本のアートメイクはサロンで提供されていました。そして通達の根拠としてトラブルを上げることがありますが、その極端に少ない医療機関でのアートメイクでのトラブルも報告されていました。.つまり、アートメイクは社会通念上医療ではなかったし、医療で トラブル があったのに医療行為と位置付けた事自体が大きな間違いです。ごくごく一部の医療機関が提供できるなら医療行為とする、それなら何でも医療行為と言えてしまう。.例えば仮に医療機関でメディカルネイルと称して提供するクリニックが数件あればネイルは医療行為とすると言うことになります。.また、摘発が激しくなってサロンが止めていく中で医療は独占できると踏んで メディカルアートメイク を増やしてきたので、今アートメイクを提供するクリニックが増えたからと言って「社会通念上アートメイクは医療行為である」とは言えません。それは完全な後出しジャンケンでしかありません。.またアートメイクが 刺青 であるとの認識が日本社会に深く浸透している以上、タトゥーが医療でないならアートメイクも医療ではありません。.アートメイクを医療行為とした厚労省の通達自体が完全な短絡的思考停止であり、そのせいでトラブルなしでも警察が逮捕する事態となり、1万人以上が失業したのです。生活を壊されまた#メディア報道 により社会的に抹殺された人もいます。アートメイクで逮捕のメディア報道は、警察による意図的なリークによる「見せしめ行為 」であり「 公開処刑 」でした。.厚労省は発行する通達によってどれだけの人の人生を壊すかなど全く考えていなかったのでしょう。.アートメイクを医療と見なしたままにする、または 看護師 くらいまでは自立してできる準医療行為のようにしても、まだまだおかしな矛盾や混乱が残ります。.道具や色素はタトゥーとアートメイクで同じものでも目的によって異なる、准看護師 と言う国家資格でないものが認められて歯科医 や 歯科衛生士 がダメな合理的理由などもありません。

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP