アートメイクはサロンの方が経験もあるし上手

美容医療の大御所、麻生先生はアートメイクサロンの技術を認めて下さっている

東京美容外科統括院長麻生泰先生が「眉毛タトゥーはどこで入れるべきか」の質問に答えています。  

東京美容外科でもメディカルアートメイクを行っているようですが、それはちゃんと訓練を受けた方々です。先生としては法整備が遅れている、法解釈がおかしいのであってサロンは経験もあるし上手だと思う、サロンで受けてもクリニックで受けてもいいのではないかとの意見です。  

私たちとしても、医療でアートメイクをしてはいけないと言う気持ちはありません。実際、医療機関の方が安心だと感じる方もいます。それに上手な医師や看護師もいます。  

施術する人にセンスや技術があり、衛生管理がしっかりできれば医療に限定しなくても構わないのではないでしょうか。  

先生のおっしゃる通り、医師法に照らし合わせれば脱毛も含めエステでやっていることはすべて違法となり全部取り締まられることになります。  

眉やアイライン、リップなどのアートメイクに関して医療と医療でない部分、違いを出すことは難しいと思います。強いて分けるなら海外でメディカルアートメイクと呼んでいる「乳輪や乳首に見えるようにする」「傷のカモフラージュ」などは医療関連性があると言えます。  

「国がタトゥーをみとめたくない」と言うも納得できる話です。偏見が多分に含まれているものの、国民の中にはタトゥーと言うだけでヤクザや犯罪と関連つけた連想をする人がいます。刺青だというだけで嫌悪感を感じる人もいます。特に投票率の高い高齢者層は若い世代よりそうした認識を持つ人は多そうですから、政治家個人がどうかんがえるかは別として、なかなかタトゥーOKとは言いにくいでしょう。 

実際、もともと眉やアイライン、唇の入れ墨と呼ばれていたものをわざわざアートメイクと言う言葉を作って呼び変えたのは刺青の印象が日本では悪すぎたからです。アートメイクと言う和製英語にしてからこの業界は飛躍的に伸びました。それほどに日本ではタトゥーは偏見にさらされていたのです。  

この動画では質問、答えともに眉毛のアートメイクを眉タトゥーと呼んでいます。東京美容だけでなく、医師も看護師もクリニックも基本的にアートメイクはタトゥーであることは共有された認識だと思います。  

そしてタトゥーは医療行為ではないと最高裁で判決が出ています。  

みなさん、麻生先生のこの考えが多くの人に伝わるように評価してチャンネル登録、拡散していきましょう。

先生のチャンネルには「豊胸手術で乳がんの発見が遅れる⁉」など、美容医療を受ける際に気になることにも専門家として答えて下さっていてためになります。「豊胸バッグの強度検証」では思いっきりバッグを床に叩きつけたり踏みつけてみたり、階段から落としたりバイクや車で引いてみたりと面白い動画もありますよ。

https://youtu.be/K0HbMATIQ2s (眉毛アートメイクはサロンで入れるのが一番【教えて麻生先生】)

東京美容外科統括院長麻生泰先生が「眉毛タトゥーはどこで入れるべきか」の質問に答えています。
東京美容外科でもメディカルアートメイクを行っているようですが、それはちゃんと訓練を受けた方々です。先生としては法整備が遅れている、法解釈がおかしいのであってサロンは経験もあるし上手だと思う、サロンで受けてもクリニックで受けてもいいのではないかとの意見です。
私たちとしても、医療でアートメイクをしてはいけないと言う気持ちはありません。実際、医療機関の方が安心だと感じる方もいます。それに上手な医師や看護師もいます。
施術する人にセンスや技術があり、衛生管理がしっかりできれば医療に限定しなくても構わないのではないでしょうか。
先生のおっしゃる通り、医師法に照らし合わせれば脱毛も含めエステでやっていることはすべて違法となり全部取り締まられることになります。
脱毛に関しては医療とエステではパワーが違いますし、医療と違いエステで認められているのはあくまでも減毛です。
でも眉やアイライン、リップなどのアートメイクに関してはそうした違いを出すことは難しいと思います。強いて分けるなら海外でメディカルアートメイクと呼んでいる「乳輪や乳首に見えるようにする」「傷のカモフラージュ」などは医療関連性があると言えます。
「国がタトゥーをみとめたくない」と言うも納得できる話です。偏見が多分に含まれているものの、国民の中にはタトゥーと言うだけでヤクザや犯罪と関連つけた連想をする人がいます。刺青だというだけで嫌悪感を感じる人もいます。特に投票率の高い高齢者層は若い世代よりそうした認識を持つ人は多そうですから、政治家個人がどうかんがえるかは別として、なかなかタトゥーOKとは言いにくいでしょう。
実際、もともと眉やアイライン、唇の入れ墨と呼ばれていたものをわざわざアートメイクと言う言葉を作って呼び変えたのは刺青の印象が日本では悪すぎたからです。アートメイクと言う和製英語にしてからこの業界は飛躍的に伸びました。それほどに日本ではタトゥーは偏見にさらされていたのです。
この動画では質問、答えともに眉毛のアートメイクを眉タトゥーと呼んでいます。東京美容だけでなく、医師も看護師もクリニックも基本的にアートメイクはタトゥーであることは共有された認識だと思います。
そしてタトゥーは医療行為ではないと最高裁で判決が出ています。
みなさん、麻生先生のこの考えが多くの人に伝わるように評価してチャンネル登録、拡散していきましょう。先生のチャンネルには「豊胸手術で乳がんの発見が遅れる⁉」など、美容医療を受ける際に気になることにも専門家として答えて下さっていてためになります。「豊胸バッグの強度検証」では思いっきりバッグを床に叩きつけたり踏みつけてみたり、階段から落としたりバイクや車で引いてみたりと面白い動画もありますよ。
東京美容外科統括院長麻生泰先生が「眉毛タトゥーはどこで入れるべきか」の質問に答えています。
東京美容外科でもメディカルアートメイクを行っているようですが、それはちゃんと訓練を受けた方々です。先生としては法整備が遅れている、法解釈がおかしいのであってサロンは経験もあるし上手だと思う、サロンで受けてもクリニックで受けてもいいのではないかとの意見です。
私たちとしても、医療でアートメイクをしてはいけないと言う気持ちはありません。実際、医療機関の方が安心だと感じる方もいます。それに上手な医師や看護師もいます。
施術する人にセンスや技術があり、衛生管理がしっかりできれば医療に限定しなくても構わないのではないでしょうか。
先生のおっしゃる通り、医師法に照らし合わせれば脱毛も含めエステでやっていることはすべて違法となり全部取り締まられることになります。
脱毛に関しては医療とエステではパワーが違いますし、医療と違いエステで認められているのはあくまでも減毛です。
でも眉やアイライン、リップなどのアートメイクに関してはそうした違いを出すことは難しいと思います。強いて分けるなら海外でメディカルアートメイクと呼んでいる「乳輪や乳首に見えるようにする」「傷のカモフラージュ」などは医療関連性があると言えます。
「国がタトゥーをみとめたくない」と言うも納得できる話です。偏見が多分に含まれているものの、国民の中にはタトゥーと言うだけでヤクザや犯罪と関連つけた連想をする人がいます。刺青だというだけで嫌悪感を感じる人もいます。特に投票率の高い高齢者層は若い世代よりそうした認識を持つ人は多そうですから、政治家個人がどうかんがえるかは別として、なかなかタトゥーOKとは言いにくいでしょう。
実際、もともと眉やアイライン、唇の入れ墨と呼ばれていたものをわざわざアートメイクと言う言葉を作って呼び変えたのは刺青の印象が日本では悪すぎたからです。アートメイクと言う和製英語にしてからこの業界は飛躍的に伸びました。それほどに日本ではタトゥーは偏見にさらされていたのです。
この動画では質問、答えともに眉毛のアートメイクを眉タトゥーと呼んでいます。東京美容だけでなく、医師も看護師もクリニックも基本的にアートメイクはタトゥーであることは共有された認識だと思います。
そしてタトゥーは医療行為ではないと最高裁で判決が出ています。
みなさん、麻生先生のこの考えが多くの人に伝わるように評価してチャンネル登録、拡散していきましょう。先生のチャンネルには「豊胸手術で乳がんの発見が遅れる⁉」など、美容医療を受ける際に気になることにも専門家として答えて下さっていてためになります。「豊胸バッグの強度検証」では思いっきりバッグを床に叩きつけたり踏みつけてみたり、階段から落としたりバイクや車で引いてみたりと面白い動画もありますよ。
東京美容外科統括院長麻生泰先生が「眉毛タトゥーはどこで入れるべきか」の質問に答えています。
東京美容外科でもメディカルアートメイクを行っているようですが、それはちゃんと訓練を受けた方々です。先生としては法整備が遅れている、法解釈がおかしいのであってサロンは経験もあるし上手だと思う、サロンで受けてもクリニックで受けてもいいのではないかとの意見です。
私たちとしても、医療でアートメイクをしてはいけないと言う気持ちはありません。実際、医療機関の方が安心だと感じる方もいます。それに上手な医師や看護師もいます。
施術する人にセンスや技術があり、衛生管理がしっかりできれば医療に限定しなくても構わないのではないでしょうか。
先生のおっしゃる通り、医師法に照らし合わせれば脱毛も含めエステでやっていることはすべて違法となり全部取り締まられることになります。
脱毛に関しては医療とエステではパワーが違いますし、医療と違いエステで認められているのはあくまでも減毛です。
でも眉やアイライン、リップなどのアートメイクに関してはそうした違いを出すことは難しいと思います。強いて分けるなら海外でメディカルアートメイクと呼んでいる「乳輪や乳首に見えるようにする」「傷のカモフラージュ」などは医療関連性があると言えます。
「国がタトゥーをみとめたくない」と言うも納得できる話です。偏見が多分に含まれているものの、国民の中にはタトゥーと言うだけでヤクザや犯罪と関連つけた連想をする人がいます。刺青だというだけで嫌悪感を感じる人もいます。特に投票率の高い高齢者層は若い世代よりそうした認識を持つ人は多そうですから、政治家個人がどうかんがえるかは別として、なかなかタトゥーOKとは言いにくいでしょう。
実際、もともと眉やアイライン、唇の入れ墨と呼ばれていたものをわざわざアートメイクと言う言葉を作って呼び変えたのは刺青の印象が日本では悪すぎたからです。アートメイクと言う和製英語にしてからこの業界は飛躍的に伸びました。それほどに日本ではタトゥーは偏見にさらされていたのです。
この動画では質問、答えともに眉毛のアートメイクを眉タトゥーと呼んでいます。東京美容だけでなく、医師も看護師もクリニックも基本的にアートメイクはタトゥーであることは共有された認識だと思います。
そしてタトゥーは医療行為ではないと最高裁で判決が出ています。
みなさん、麻生先生のこの考えが多くの人に伝わるように評価してチャンネル登録、拡散していきましょう。先生のチャンネルには「豊胸手術で乳がんの発見が遅れる⁉」など、美容医療を受ける際に気になることにも専門家として答えて下さっていてためになります。「豊胸バッグの強度検証」では思いっきりバッグを床に叩きつけたり踏みつけてみたり、階段から落としたりバイクや車で引いてみたりと面白い動画もありますよ。
東京美容外科統括院長麻生泰先生が「眉毛タトゥーはどこで入れるべきか」の質問に答えています。
東京美容外科でもメディカルアートメイクを行っているようですが、それはちゃんと訓練を受けた方々です。先生としては法整備が遅れている、法解釈がおかしいのであってサロンは経験もあるし上手だと思う、サロンで受けてもクリニックで受けてもいいのではないかとの意見です。
私たちとしても、医療でアートメイクをしてはいけないと言う気持ちはありません。実際、医療機関の方が安心だと感じる方もいます。それに上手な医師や看護師もいます。
施術する人にセンスや技術があり、衛生管理がしっかりできれば医療に限定しなくても構わないのではないでしょうか。
先生のおっしゃる通り、医師法に照らし合わせれば脱毛も含めエステでやっていることはすべて違法となり全部取り締まられることになります。
脱毛に関しては医療とエステではパワーが違いますし、医療と違いエステで認められているのはあくまでも減毛です。
でも眉やアイライン、リップなどのアートメイクに関してはそうした違いを出すことは難しいと思います。強いて分けるなら海外でメディカルアートメイクと呼んでいる「乳輪や乳首に見えるようにする」「傷のカモフラージュ」などは医療関連性があると言えます。
「国がタトゥーをみとめたくない」と言うも納得できる話です。偏見が多分に含まれているものの、国民の中にはタトゥーと言うだけでヤクザや犯罪と関連つけた連想をする人がいます。刺青だというだけで嫌悪感を感じる人もいます。特に投票率の高い高齢者層は若い世代よりそうした認識を持つ人は多そうですから、政治家個人がどうかんがえるかは別として、なかなかタトゥーOKとは言いにくいでしょう。
実際、もともと眉やアイライン、唇の入れ墨と呼ばれていたものをわざわざアートメイクと言う言葉を作って呼び変えたのは刺青の印象が日本では悪すぎたからです。アートメイクと言う和製英語にしてからこの業界は飛躍的に伸びました。それほどに日本ではタトゥーは偏見にさらされていたのです。
この動画では質問、答えともに眉毛のアートメイクを眉タトゥーと呼んでいます。東京美容だけでなく、医師も看護師もクリニックも基本的にアートメイクはタトゥーであることは共有された認識だと思います。
そしてタトゥーは医療行為ではないと最高裁で判決が出ています。
みなさん、麻生先生のこの考えが多くの人に伝わるように評価してチャンネル登録、拡散していきましょう。先生のチャンネルには「豊胸手術で乳がんの発見が遅れる⁉」など、美容医療を受ける際に気になることにも専門家として答えて下さっていてためになります。「豊胸バッグの強度検証」では思いっきりバッグを床に叩きつけたり踏みつけてみたり、階段から落としたりバイクや車で引いてみたりと面白い動画もありますよ。
東京美容外科統括院長麻生泰先生が「眉毛タトゥーはどこで入れるべきか」の質問に答えています。
東京美容外科でもメディカルアートメイクを行っているようですが、それはちゃんと訓練を受けた方々です。先生としては法整備が遅れている、法解釈がおかしいのであってサロンは経験もあるし上手だと思う、サロンで受けてもクリニックで受けてもいいのではないかとの意見です。
私たちとしても、医療でアートメイクをしてはいけないと言う気持ちはありません。実際、医療機関の方が安心だと感じる方もいます。それに上手な医師や看護師もいます。
施術する人にセンスや技術があり、衛生管理がしっかりできれば医療に限定しなくても構わないのではないでしょうか。
先生のおっしゃる通り、医師法に照らし合わせれば脱毛も含めエステでやっていることはすべて違法となり全部取り締まられることになります。
脱毛に関しては医療とエステではパワーが違いますし、医療と違いエステで認められているのはあくまでも減毛です。
でも眉やアイライン、リップなどのアートメイクに関してはそうした違いを出すことは難しいと思います。強いて分けるなら海外でメディカルアートメイクと呼んでいる「乳輪や乳首に見えるようにする」「傷のカモフラージュ」などは医療関連性があると言えます。
「国がタトゥーをみとめたくない」と言うも納得できる話です。偏見が多分に含まれているものの、国民の中にはタトゥーと言うだけでヤクザや犯罪と関連つけた連想をする人がいます。刺青だというだけで嫌悪感を感じる人もいます。特に投票率の高い高齢者層は若い世代よりそうした認識を持つ人は多そうですから、政治家個人がどうかんがえるかは別として、なかなかタトゥーOKとは言いにくいでしょう。
実際、もともと眉やアイライン、唇の入れ墨と呼ばれていたものをわざわざアートメイクと言う言葉を作って呼び変えたのは刺青の印象が日本では悪すぎたからです。アートメイクと言う和製英語にしてからこの業界は飛躍的に伸びました。それほどに日本ではタトゥーは偏見にさらされていたのです。
この動画では質問、答えともに眉毛のアートメイクを眉タトゥーと呼んでいます。東京美容だけでなく、医師も看護師もクリニックも基本的にアートメイクはタトゥーであることは共有された認識だと思います。
そしてタトゥーは医療行為ではないと最高裁で判決が出ています。
みなさん、麻生先生のこの考えが多くの人に伝わるように評価してチャンネル登録、拡散していきましょう。先生のチャンネルには「豊胸手術で乳がんの発見が遅れる⁉」など、美容医療を受ける際に気になることにも専門家として答えて下さっていてためになります。「豊胸バッグの強度検証」では思いっきりバッグを床に叩きつけたり踏みつけてみたり、階段から落としたりバイクや車で引いてみたりと面白い動画もありますよ。

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP