行為の方法や作用だけでなく、目的や状況、実情、それに社会における受け止めを考慮し、社会通念に照らして判断すべきだ

行為の方法や作用だけでなく、目的や状況、実情、それに社会における受け止めを考慮し、社会通念に照らして判断すべきだ

『今回の決定では、タトゥーを入れる行為が医療行為に当たるか判断する前提として、「行為の方法や作用だけでなく、目的や状況、実情、それに社会における受け止めを考慮し、社会通念に照らして判断すべきだ」という考え方を示しています。』

「針を使って」と言うところが医行為とされる所以。

そしてアートメイクに関しては「コンプレックスの解消」「何らかの理由で眉毛が全然生えて来なくなったことを補う」と言った「作用」だけ見ると美容医療のように見えるかも知れない。でもそうした解釈ではコンプレックス解消なら「縮毛矯正」「パーマで髪にボリュームを」「爪の血色が悪いからネイルする」「黒目が小さいからカラコン」「白髪で年取って見えるから染める」「黒髪だと重く暗く見えるから明るく染める、脱色する」「眉毛の白髪や黒すぎるから明るくしたい」まで医療と見なされることになる。

「メイクを毎日するのが面倒、時間がかかる、うまく出来ない、汗で崩れる」と言う状態があり、それを解消する「目的」「作用」でアートメイクは受けられていて、針を使うと言う「行為と方法」ではあってても「メイク」と言う「目的」のため。

そして日本社会では「メイクはマナー」と言う「実情」「状況」と「社会通念」がある。

医療機関でしか受けられないとなると高額すぎて多くの人が利用できない「実情」「状況」がある。また、受けられるところが少なくて需要に供給が追い付かない「実情」「状況」がある。医師不足看護師不足が深刻なのは世間によく知られた「実情」「状況」であり、社会に浸透していると言う忌では「社会通念」。

そして医療人でアートメイク需要を賄おうとすると、まともな医療が受けられなくなるほど医療崩壊する「実情」「状況」にある。「アートメイクは医療行為」とメディカルアートメイク側がしきりと宣伝したため「クリニック以外はダメなんだ」と思わされている人もいるが、それはあくまでも「そういう決まりになってるから」「ルールだから」という理由で信じているだけ。「社会における受け止め」は「アートメイクは落ちにくいメイク」であり医療行為ではない。実際メディカルアートメイク、医療アートメイクのサイトや宣伝でもそう記載されていて、施術者のことは「アーティスト」と言う芸術を行う者に使う言葉で呼んでいる。

世界中の「社会の受けとめ」はアートメイクは医療行為でないし、医師や看護師、クリニックに限定するものではない。そして施術者は医療人でなくアーティスト。

医師や看護師以外の日本人や外国人に教わるという「実情」「状況」であり、医師以外から医学部で教えないことを教わる技術を医療行為とは呼ばないし考えない「社会通念」がある。

そして今はコロナで来日する外国人がいないが、コロナ前は観光を装って来日した外人に有料で教わるという「入国管理法違反」が起こっていた、そしてその外人の収入は日本人から集めたお金で、それが日本で納税されないと言う「国富の流出」という「実情」「状況」。

日本生まれの手彫りが世界中のアートメイク業界で「Tebori」として通じる「実情」「状況」であり、それは日本の医療とは関係ないアーティストが広めたもの。世界中で流行っている毛並みを作るアートメイクが「日本式」であることが「社会通念」上定着してもいる。

アートメイクを医療と判断できない「実情」「状況」「社会通念」は揃っている。

『今回の決定では、タトゥーを入れる行為が医療行為に当たるか判断する前提として、「行為の方法や作用だけでなく、目的や状況、実情、それに社会における受け止めを考慮し、社会通念に照らして判断すべきだ」という考え方を示しています。』
「針を使って」と言うところが医行為とされる所以。
そしてアートメイクに関しては「コンプレックスの解消」「何らかの理由で眉毛が全然生えて来なくなったことを補う」と言った「作用」だけ見ると美容医療のように見えるかも知れない。でもそうした解釈ではコンプレックス解消なら「縮毛矯正」「パーマで髪にボリュームを」「爪の血色が悪いからネイルする」「黒目が小さいからカラコン」「白髪で年取って見えるから染める」「黒髪だと重く暗く見えるから明るく染める、脱色する」「眉毛の白髪や黒すぎるから明るくしたい」まで医療と見なされることになる。
「メイクを毎日するのが面倒、時間がかかる、うまく出来ない、汗で崩れる」と言う状態があり、それを解消する「目的」「作用」でアートメイクは受けられていて、針を使うと言う「行為と方法」ではあってても「メイク」と言う「目的」のため。
そして日本社会では「メイクはマナー」と言う「実情」「状況」と「社会通念」がある。医療機関でしか受けられないとなると高額すぎて多くの人が利用できない「実情」「状況」がある。また、受けられるところが少なくて需要に供給が追い付かない「実情」「状況」がある。
医師不足看護師不足が深刻なのは世間によく知られた「実情」「状況」であり、社会に浸透していると言う忌では「社会通念」。そして医療人でアートメイク需要を賄おうとすると、まともな医療が受けられなくなるほど医療崩壊する「実情」「状況」にある。
「アートメイクは医療行為」とメディカルアートメイク側がしきりと宣伝したため「クリニック以外はダメなんだ」と思わされている人もいるが、それはあくまでも「そういう決まりになってるから」「ルールだから」という理由で信じているだけ。「社会における受け止め」は「アートメイクは落ちにくいメイク」であり医療行為ではない。実際メディカルアートメイク、医療アートメイクのサイトや宣伝でもそう記載されていて、施術者のことは「アーティスト」と言う芸術を行う者に使う言葉で呼んでいる。
世界中の「社会の受けとめ」はアートメイクは医療行為でないし、医師や看護師、クリニックに限定するものではない。そして施術者は医療人でなくアーティスト。
医師や看護師以外の日本人や外国人に教わるという「実情」「状況」であり、医師以外から医学部で教えないことを教わる技術を医療行為とは呼ばないし考えない「社会通念」がある。
そして今はコロナで来日する外国人がいないが、コロナ前は観光を装って来日した外人に有料で教わるという「入国管理法違反」が起こっていた、そしてその外人の収入は日本人から集めたお金で、それが日本で納税されないと言う「国富の流出」という「実情」「状況」。
日本生まれの手彫りが世界中のアートメイク業界で「Tebori」として通じる「実情」「状況」であり、それは日本の医療とは関係ないアーティストが広めたもの。世界中で流行っている毛並みを作るアートメイクが「日本式」であることが「社会通念」上定着してもいる。
アートメイクを医療と判断できない「実情」「状況」「社会通念」は揃っている。

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP