金の亡者か?

現状で マスク や アルコール消毒 がなかなか手に入らないのは皆さん同じです。保育の現場 や 介護施設 その他で深刻な不足が続いているのは、何度もニュースになり皆さんご存じのことだと思います。医療機関 でも サージカルマスク、防護服、フェイスシールド など必要な物資が足りていません。心配なことです。
 
そんななか、美容整形クリニック ではマスクや消毒を販売し始めました。
 
この事態、優先順位 をつけて足りない場所へ、例えば保育や介護に対してタダでとは言いませんが、優先して回すなど考えられることはあったはずです。
 
日本や世界が置かれた状態、人としての 共感力、これ以上蔓延させてはいけないという 社会性、それらが備わっていればおのずとどうするのが ベスト か簡単に思いつきます。
 
医師 や 看護師、病院 にそうした発想が浮かばない事が恐怖です。

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP