美容医療は無法地帯

美容医療の実態を把握していない厚労省

厚労省は美容医療を全くの無法地帯にして放置しているようです。 

美容エステの方は、これまで私達が色々な施術に関して「法整備」や「資格制度」などきちんとした基準を設けて消費者の安全や業界の健全化を働きかけてきたのに、ほとんど取り合わず、話も聞かず、現状を把握もせずに通達で規制し、多くの女性たちから仕事を奪ってきました。


そして人気が出て安定した市場を作った施術はほとんど全て医療に渡し、自由診療と言う無法地帯の主、美容医療に独占させて来ました。

「医師であれば自由診療で何でも許されるってことですかね。国公認で美容医療は無法地帯ですって言ってるようなもんですよね。少しは考えて物言えよって感じですね。とりあえず医療と美容医療を一括り自が終わってるるんですね。残念です。」

 「ところが”そういう話は聞いているが詳細は分からない” ”自由診療の世界に関して厚生労働省の規制はほとんどない” という厚生省のクソ対応。美容ナースは先が思いやられるよ。」 

まともな国はこんなことになっていません。

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP