2017年8月エステジャーナルに掲載されたタトゥー裁判記事

トラブルなしでも医師法違反で次々逮捕

世界のスポーツ選手、アーチスト、一般人など、大勢の人がタトゥーを入れる時代になった。日本は、温泉施設やサウナ、プールなどの公共施設でタトゥーを入れている人を規制することが多いが、来るオリンピックなどを踏まえ、タトゥーに関する認識や対応を変えることが求められている。
何より、古来から行われている民族的入れ墨、タトゥー、彫り物、アートメイクなどを施す人を医師法違反で取り締まる警察がどうかしている。

ピックアップ記事

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
PAGE TOP