一般社団法人日本アートメイク推進協会

視覚障害女性の眉アートメイク

当会員にはずっと視覚障害を持つ女性に眉毛のアートメイクをボランティアで行っていた一般技術者がいます。

視覚障害があるからといってメイクしないわけではなく、眉などは自分で描くと良く見えないから2本になってしまったりすることもあり、しかもそれに自分で気がつかなかったりする事もあるそうです。

男性のご家族に描いてもらうなど、アートメイク前は色々苦労しつつもメイクを楽しんできました。

私たちと同じで「きれいにしてある」と安心して出かけられます。見えなくても生活範囲を広げ、楽しみを感じる機会も増えます。

一般企業では資生堂が大きな文字と絵柄に点字を添えた視覚障害者向けのパンフレットを用意しています。

次回、音声パソコンやご家族に書いてもらった、法整備への要望書を掲載します。

ピックアップ記事

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
PAGE TOP