JAMSについて

JAMSについて

アートメイクアーティストの皆様へ

一般社団法人アートメイク推進協会 Japan Artmake society (通称:JAMS) は、
アートメイクを専門職とするべく、これまで活動を続けて参りました国内唯一の協会です。
ご存じの通り、海外主要国でアートメイクは医業ではなく、タトゥーとして認識されています。
タトゥーライセンスを取得すれば誰でもタトゥーとして行うことができるのです。
2020年9月「医師でなければタトゥーを彫ってはならない」と彫師が医師法違反の罪に
問われた裁判では最高裁で勝訴しました。以降、通達は覆されたのです。
アートメイクも元々はタトゥーなので、現状はグレーな状態に戻ったと言えるでしょう。
けれども、過去に様々な被害があった事は事実です。
JAMSでは、専業アーティストの権利として戻す活動に力を注いで参りましたが、
今後はさらにアーティストの技術水準の向上や安全対策に取り組み
消費者に安全なアートメイクを提供できるよう指導を行って参ります。
アートメイク専業化を本当に望んでおられるアーティストの皆様は是非当協会へご加入下さい。
タトゥーと同じ専門職として認可してもらえるよう、業界が一丸となって取組みましょう。

これまでの活動

2014年7月 JAMSの前身であるボランティア団体 アートメイクの法整備を求める会発足
2016年5月 日本アートメイク推進協会設立
請願署名5000筆を提出
2016年6月 ホームページ、Facebook、Twitter、Instagram開始
2016年9月 シンポジウム開催
2017年2月 一般社団法人へ法人化
2017年5月 請願署名3000筆を提出
2017年6月 街頭署名活動
2017年7月 各党へロビー活動
中国 Worldwide PMU Festivalに役員数名が招待を受け視察
2018年1月〜 各党へロビー活動
請願署名4000筆
2018年4月 フィリピン セブ島の大火災で被災に遭われた方々へ支援金13万円寄付
2018年10月 韓国IPSNアートメイク世界大会に役員数名が審査員を務める
2018年12月 一般社団法人SAVE TATOOINGへ支援金100万円寄付
2019年1月 大阪総会開催
2019年4月 グローバル法律事務所と顧問弁護士契約開始
2019年7月 血液媒介病原体&感染症対策セミナー開催
2020年11月 厚労省医事課係長と対談
京都総会開催
2021年4月 認定試験制度開始

団体概要

名称 一般社団法人 日本アートメイク推進協会 (Japan Artmake society 通称:JAMS)
本部 京都市山科区音羽野田町32番地31
設立 2016年4月
役員 代表 松本真理子
理事 中村秋菊、中村実加、田中麻衣子、古田久統、高木美恵子、中嶋久美、宮間舞子
サポーター ・米国 国際医学委員会 インターナショナル ボード オブ メディシン アンド サージェリー
・米国 SofTap USA
・台湾 雅安国際アカデミー
・中国 広州梓煊医療科技有限公司、広州古積医療科技有限公司、
东莞梓煊電子設備有限公司、蘇州古積美容器材有限公司、泰国曼谷梓煊美容器材有限公司
・PMUイーストヨーロピアン カンファレンス
・米国人医師・医学研究者 Dr.ヤスミン・ソテロ
・フランス人医師 Dr.リンダ・パラディス
・医療法人社団東美会 理事長 麻生泰
賛同会員 14000名(2021年5月)
顧問弁護士 グローバル法律事務所
目的 礒川正明、相内真一 、相内真一 、東 重彦、礒川剛志
水口良一 、寺中良樹、村上智裕 、天野雄介
施術の許可又は届出制度の創設活動、及び署名・支援金を募る
アートメイクに関する相談
アートメイクイベント・講習会の開催
技術者認定試験の実施
認定スクール及び認定講師制度の実施

ピックアップ記事

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
PAGE TOP