様々なアートメイク用ニードル

ニードルの知識を深める

アートメイクにおいて、それぞれのニードルの違いや特性を知る事は、望む仕上がり感を得るために大切な事です。「スクールで勧められたから」などの理由で漫然と同じニードルを使い続けていては、取り残されます。道具も技術もどんどん進化しているので、自分でもできるだけ新しい情報を集め、その知識をアップデートし続ける事が大切です。


 
適宜ニードルを使い分ける事で仕上がり感は大きく違ってきます。

また、色素についてもやはり「教わったスクールで使っていたから」とそれしか使わないようでは、取り残されます。新しいものがどんどん開発されており、当然あたらしいものはより安全だったり様々な工夫が凝らされているからです。
 
国内情報だけにしか触れないようでは、世界からも取り残されます。そうなれば日本のお客様はどんどん海外に流れていきます。

日本国内で独自の技術検定を設けても、最新知識を入れて、その検定や基準を常に新しくしていかなければ、技術水準の目安にはなりません。

Jill Hoyer Needle Presentation SPCP

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 2017/3/13

    46歳 美容業
    今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業&nbs…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP