アートメイクは医療行為じゃない

アートメイクに医師免許までは必要ありません

いま日本のアートメイク=お顔の刺青は危機的状況下にあります。
医師でなければ刺青を彫ってはいけない。
また、刺青関連の道具も全て医師でなければ輸入する事も買う事もできません。こんな内容が各省庁に通達されている為です。

そもそもアートメイクは日本を初め、アジア・アメリカ・ヨーロッパ等世界各国で長年に渡って行われているメイクアップ技法で、施術には医師免許が必要でそれに違反したら医師法違反で検挙される国は日本ぐらいのものです。

本来のアートメイクは気軽に楽しめるものでしたが、現状アートメイクするには医療機関で高額の料金を払って施術を受けるしかありません。庶民にはとうてい手が届かなくなりました。

消費者が安心して施術を受けるには、取締るのではなく、欧米のように安全に行える専門の資格制度が早急に必要です。欧米では、美容師でも医師でも看護師でもエステティシャンでも彫師でも、やりたい人誰もが資格さえ取れば安全に安心して施術を行え、消費者も安全に安心して施術を受けることができます。

アートメイクに医師免許までは必要ありません。

既に多くの技術が失われ、このままでは日本の素晴らしいアートメイクの技術が無くなってしまいます。

ピックアップ記事

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
PAGE TOP