一般社団法人日本アートメイク推進協会

アートメイクの既得権

既得権(きとくけん)
特定の個人・地域・社会的集団がなんらかの根拠に基づき従前から得ている権益を意味する。 既得権の根拠とされるものは、法律など法的根拠に基づくものから、慣習などによって形成されたものもある。
 
アートメイクはそもそもの初めから、医療関係者以外が始めた技術。そしてずっと医療関係者以外の技術者が従事し発展させてきました。以前からアートメイクを行って来た医療機関はごく少数です。
 
それを通達1枚で、何のトラブルもなかった技術者まで失業させるなどは既得権侵害にあたらないのでしょうか?
 
私たちは医療関係の方々のアートメイクを止めろと言っている訳ではありません。以前のように医療以外の施術も認めて欲しいと訴えているんです。

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 2017/3/13

    46歳 美容業
    今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業&nbs…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP