中国最大のアートメイク商材業者から日本のアートメイクを資格制にする提言

中国最大のアートメイク商材業者から日本のアートメイクを資格制にする提言

中国最大のアートメイク商材業者さんからのお手紙です。大きな大会を中国のみならず世界各地で主催しています。
  
「尊敬する日本厚生労働省の皆さんこんにちは。
 
まず私の会社とブランドを紹介させていただきます。
私は中国の広州でアートメイクの会社と工場を営んでおります。会社の名前は広州梓煊医療科技有限公司、広州古積医療科技有限公司、东莞梓煊電子設備有限公司、蘇州古積美容器材有限公司、泰国曼谷梓煊美容器材有限公司です。
  
私の名前は趙です。会社が持つブランドは、GOOCHIE. MASTOR. PMの3つです。
 
会社の設立は1996年。現在全世界各国に代理店があり、日本にだけはありません。私の会社はずっとアートメイク関連商品の設計開発をし、世界各国の安全証書をいただいております。
   
私の知る限り、日本では、医療機関において医師しかアートメイクをしてはいけず、美容関係の専業者はこれを業とすることができないということです。聞いたところによるとアートメイクは、医業であり、政府の監督が非常に良いということです。
  
しかし、ここで私たちは、日本の厚労省にご提案したいです。
実際に欧米諸国では、アートメイク技術は医療行為ではなく、専業の技術であり、安全訓練があれば、資格や免許を得たものはアートメイクを業とできます。なぜならば、アートメイク技術は、皮膚の表面に着色するだけで美容効果を達成するものだからです。
 
アートメイク商材の原料と針先の安全性により、理想の安全性に至ります。医療美容ほどでは無いのです。
 
中国では、厳格な法律の境界線があり、専業の合法的な機関の訓練を受けることにより、この美容技術に従事することができます。
  
日本の厚生労働省と政府におかれましても、この美容技術についてご理解をいただきたいです。それは日本においても国民の就業問題の解決にもつながります。アートメイクは高級な美容技術であり、より多くの人々が美しくなることができます。どの国でも似たような法律的証書を作っています。
 
我々は、日本でも同様の法律的証書が採択され水準や証書ができ、アートメイクの技術者たちが合法的にこの仕事に従事することを強く願います。」
   
彼は昨年韓国に向けても意見書を書いたそうです。また以前中東でアートメイクを医療以外禁止する方向に行きかけた時は、アートメイクによりどれだけの失業者が救われるかなどを説明し、国もそれを調査して理解し、一般のアートメイクを認めただけでなく、彼にお礼状を送ったそうです。
 
いま、厚労省と言う日本の役所は「日本国内だけでなく世界中で常識とされているアートメイクを医療にくくらないと言う事を理解できるか」「国内と世界で多くの人々が望んでいる一般のアートメイクを認めると言う度量を見せられるか」「女性の自立や仕事を認めることができるか」「一部の利権屋のためでなく、職業選択の自由や国富の流出、税収増など国民全体の利益のために動けるか」を問われています。
 
日本国民だけでなく、世界が厚労省が正しい判断をすることができるか注目しています。

中国最大のアートメイク商材業者さんからのお手紙です。大きな大会を中国のみならず世界各地で主催しています。
  
「尊敬する日本厚生労働省の皆さんこんにちは。
 
まず私の会社とブランドを紹介させていただきます。
私は中国の広州でアートメイクの会社と工場を営んでおります。会社の名前は広州梓煊医療科技有限公司、広州古積医療科技有限公司、东莞梓煊電子設備有限公司、蘇州古積美容器材有限公司、泰国曼谷梓煊美容器材有限公司です。
  
私の名前は趙です。会社が持つブランドは、GOOCHIE. MASTOR. PMの3つです。
 
会社の設立は1996年。現在全世界各国に代理店があり、日本にだけはありません。私の会社はずっとアートメイク関連商品の設計開発をし、世界各国の安全証書をいただいております。 
   
私の知る限り、日本では、医療機関において医師しかアートメイクをしてはいけず、美容関係の専業者はこれを業とすることができないということです。聞いたところによるとアートメイクは、医業であり、政府の監督が非常に良いということです。
  
しかし、ここで私たちは、日本の厚労省にご提案したいです。
実際に欧米諸国では、アートメイク技術は医療行為ではなく、専業の技術であり、安全訓練があれば、資格や免許を得たものはアートメイクを業とできます。なぜならば、アートメイク技術は、皮膚の表面に着色するだけで美容効果を達成するものだからです。
 
アートメイク商材の原料と針先の安全性により、理想の安全性に至ります。医療美容ほどでは無いのです。
 
中国では、厳格な法律の境界線があり、専業の合法的な機関の訓練を受けることにより、この美容技術に従事することができます。
  
日本の厚生労働省と政府におかれましても、この美容技術についてご理解をいただきたいです。それは日本においても国民の就業問題の解決にもつながります。アートメイクは高級な美容技術であり、より多くの人々が美しくなることができます。どの国でも似たような法律的証書を作っています。
 
我々は、日本でも同様の法律的証書が採択され水準や証書ができ、アートメイクの技術者たちが合法的にこの仕事に従事することを強く願います。」
   
彼は昨年韓国に向けても意見書を書いたそうです。また以前中東でアートメイクを医療以外禁止する方向に行きかけた時は、アートメイクによりどれだけの失業者が救われるかなどを説明し、国もそれを調査して理解し、一般のアートメイクを認めただけでなく、彼にお礼状を送ったそうです。
 
いま、厚労省と言う日本の役所は「日本国内だけでなく世界中で常識とされているアートメイクを医療にくくらないと言う事を理解できるか」「国内と世界で多くの人々が望んでいる一般のアートメイクを認めると言う度量を見せられるか」「女性の自立や仕事を認めることができるか」「一部の利権屋のためでなく、職業選択の自由や国富の流出や税収増など国民全体の利益のために動けるか」を問われています。
 
日本国民だけでなく、世界が厚労省が正しい判断をすることができるか注目しています。

ご協力のお願い
会員募集
アートメイク相談

ピックアップ

  1. (さらに…)…
  2. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
  3. サロンのアートメイク、免許制にして下さい
    お友達の紹介でお世話になって15年程になります。私の眉は薄く、短く、8時20分眉と周りか…
  4. 今までのサロンで信頼している技術者さんにしてもらいたいです。46歳  美容業…
  5. 良い技術を持った方にしてもらいたいです!アートメイクが気軽にできるよう法的整備を求めます。20代…

お知らせ

  1. 血液を介して感染する可能性がある病原体(Boolborne Pathogen:BBP)の正しい知識…
  2. アートメイク法整備賛同者募集
    当協会は新たに、「賛同会員」と言う枠を設けました。賛同会員とはアートメイクを医師法で括り医師や看…
  3. コンプレックスがありましたが、30年前「アートメイク」の存在で人生が変わったといっても過言で…
海外からの声
お問い合わせ
PAGE TOP